海外

今季初勝利に飢えてるシャークス 危険なバックスが狼を狙う


ボールを持つのは前節のワラターズ戦で2トライを挙げたルカンヨ・アム(Photo: Getty Images)

 スーパーラグビー2018の南アフリカ・カンファレンスでライオンズ(2016、17年大会で準優勝)の対抗馬と見られながらも今季未勝利(0勝1分1敗)のシャークスは、間違いなくハングリーだ。地元ダーバンにやってきたサンウルブズを相手に、勝点4以上を狙っている。

 シャークスは今季、スクラムで苦戦している。南ア代表PRのコーニー・ウーストハイゼンが前十字靭帯断裂で今大会でのプレーは不可能となり、スプリングボックス入りが期待される22歳のPRトーマス・デュトイを左から右に移してポテンシャルを引き出そうとしているが、まだうまく機能しておらず、2試合連続でリザーブだったジョン=ヒューバート・メイヤーが3番を任された。左PRで先発するのは、南ア代表98キャップ保持者で、前節のチーム・オブ・ザ・ウィーク(週間ベストフィフティーン)に選出されたテンダイ・ムタワリラ。
 6番で先発するヴィアン・フォスローにとってはデビュー戦となり、張り切っている。

 アタッキングラグビーを目指しながらも昨年はレギュラーシーズン15試合で38トライ(1試合平均2〜3トライ)と不発に終わったが、バックスは補強で選手層が厚くなった。
 注目は、昨季トライ王を争いキングズから移籍してきたWTBマカゾレ・マピンピ。突破力が高いCTBルカンヨ・アムは前節の週間ベストフィフティーンに選ばれている。ストーマーズから移って新戦力となったヘッドコーチの息子、SOロバート・デュプレアは強気のランもあるプレーメーカーだ。12番は、宗像サニックスブルースの一員として日本ラグビーを経験しているアンドレ・エスターハイゼン。昨年南ア代表デビューを果たした20歳のカーウィン・ボッシュはFBで今季初先発のチャンスを与えられ、燃えている。


<シャークス (3月10日・サンウルブズ戦) 試合登録メンバー>

1.Tendai Mtawarira  2.Akker van der Merwe  3.John-Hubert Meyer  4.Ruan Botha(主将)  5.Stephan Lewies  6.Wian Vosloo  7.Jacques Vermeulen  8.Tera Mtembu  9.Louis Schreuder  10.Robert du Preez  11.Makazole Mapimpi  12.Andre Esterhuizen  13.Lukhanyo Am  14.Sbu Nkosi  15.Curwin Bosch

〔リザーブ〕
16. Chiliboy Ralepelle  17.Juan Schoeman  18.Ross Geldenhuys  19.Gideon Koegelenberg  20.Keegan Daniel  21.Cameron Wright  22.Marius Louw  23.Lwazi Mvovo

srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2