海外

SRから欧州プロ14に移った南ア・キングズ 17戦目でついに初勝利!


4,574人の観衆の前で奮闘したキングズ。6トライを挙げ歓喜となった(Photo: Getty Images)

 スーパーラグビー再編でチーム数削減の対象となった南アフリカのサザン・キングズは、2017−18シーズンからアイルランド、ウェールズ、スコットランド、イタリアのチームと一緒の欧州リーグ「プロ14」に参戦しているが、17戦目でついに初勝利を手にした。

 資金力が乏しく、南ア代表やビッグネームがひとりもいないキングズは、開幕から16連敗を喫していたが、3月2日に地元ポートエリザベスのネルソン・マンデラ・ベイ・スタジアムでウェールズのドラゴンズ(旧名:ニューポート・グウェント・ドラゴンズ)を45−13で下し、新たな歴史をつくった。

 カンファレンスBで7チーム中最下位のキングズはこれで、1勝16敗(総勝点9)となった。
 同じくスーパーラグビーから除外され、キングズと一緒にプロ14に参加している南アチームのチーターズは、9勝8敗(総勝点47)でカンファレンスAの3位と健闘している。

 レギュラーシーズンは残り4節。各カンファレンスの上位3チーム(計6チーム)がプレーオフに進む。

srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2