海外

【10人制】パナ、命運決めるキック迫る! 決勝トーナメント進出懸け、地元レッズと対戦


試合は10分ハーフ。ラグビーの醍醐味が詰まったグローバル・テンズ。写真は9日の第2戦前のパナソニック(撮影:早浪章弘)


 パナソニックが参加している国際10人制大会『ブリスベン・グローバル・テンズ』が2月9日午後に開幕。1日目を終えた。


 スーパーラグビー9チームなど12チームが集い、4チームごとのプール戦の2試合を終えた9日。大会の開幕試合に出場したパナソニック ワイルドナイツは、昨年に続いてレベルズ(オーストラリア)を倒し(19−17。終了1分前の劇的な逆転勝利!)、大会への期待感を高めたが、第2試合では 10−47でブルーズ(ニュージーランド)に敗れた。


 明日はプール戦の第3試合が行なわれ、その結果によって、6つの準々決勝進出チームが決まる。パナソニックは1勝1敗。明日は現在2敗の地元チーム・レッズと対戦する。準々決勝に進めるかどうかは他対戦の状況にもよるが、まずはレッズに勝ち、最高の結果を待ちたい。(文:成見宏樹/決勝トーナメント進出への状況について修正しました=10日8:10)


プールAの状況は下記の通り(1日目終了時点)


各プールの戦績は下記URLへ

http://ru.statedge.xyz/matches/gtMu5Sp4WjixoX8Rx/current






jsports_srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2