女子

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ ながとブルーエンジェルス初参戦へ


ながとブルーエンジェルスのヘーゼル・トゥビックと福田千夏(撮影:松本かおり)

 今年で第5回目となる女子7人制ラグビー最高峰の国内サーキット大会「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ 2018」の参加チームが、2月9日に日本ラグビー協会から発表された。
 2018年シーズンは、各大会における招待チームを廃止したことから、昨年11月に誕生し初参加の入替戦で3位になった「ながとブルーエンジェルス」がコアチームに昇格した。また、2017年シーズン総合7位のカ・ラ・ダファクトリーRugirl-7がチーム事情により参加を辞退したため、入替戦4位で降格となっていた「RKUラグビー龍ケ崎GRACE」は状況が変わり、今年もコアチームとして参戦する。
 11チームのコアチームに日本協会育成チームの「チャレンジチーム」を加えた計12チームが、2018年シーズンを戦う。
 

<太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ 2018 参加チーム>
 
・ARUKAS QUEEN KUMAGAYA WOMEN’S SEVENS RUGBY FOOTBALL CLUB
・チャレンジチーム
・千葉ペガサス・ラグビークラブ
・北海道バーバリアンズディアナ
・石見智翠館高等学校女子ラグビー部
・MIE WOMEN’S RUGBY FOOTBALL CLUB PEARLS
・ながとブルーエンジェルス
・日本体育大学ラグビー部女子
・追手門学院女子ラグビー部VENUS
・RKUラグビー龍ケ崎GRACE
・東京フェニックス・ラグビークラブ
・戸塚共立メディカル女子ラグビー部(YOKOHAMA TKM)

※ チームはアルファベット順

srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2