W杯

高橋克典、アニマル浜口も吠えた! RWC2019チケット全世界同時販売開始記念「FIRST TRY CHANCE キャンペーン」

今年も高校ラグビーを取材したタレントの小島瑠璃子さん、俳優の高橋克典さんらも参加。
両脇は、大会公式マスコットの『レンジ―』(撮影:松本かおり)


「ファンの皆さんの応援は、絶対に選手たちに届きます。ぜひスタジアムに足を運んでの応援を、よろしくお願いします」
 俳優・高橋克典さんがアツく吠える。
「気合だ! 気合だ! ……」
 元プロレスラーのアニマル浜口さんも負けずに10連呼。

 1月27日に東京・丸の内ビルディング(1階マルキューブ)にて、ワールドカップ チケット販売開始記念イベントが盛大に行われた。

※チケット抽選販売の詳細は 公式チケットサイトへ(外部サイト)


「RWC2019チケット全世界同時販売開始記念『FIRST TRY CHANCE キャンペーン』」

 全世界で180万枚がセールスされるチケットのうち、国内で販売されるのは90万枚。その一般販売予約が、日本および全世界で27日午前10時に同時に開始された。

 記念セレモニー開始に先立っては、ゲスト陣がレッドカーペットに登場。当日駆け付けたファン50人が元ラグビー日本代表選手や現役選手たちとの入場、フォトセッションを楽しんだ。

 そして、チケット購入のための登録チケットカウンターが開設、ラグビーアトラクションも開催される中、14時からは600人のギャラリーに囲まれトークショーなどのセレモニーが開始された。

 フリーアナウンサーの平井理央さんの進行で、次々と壇上に登場する豪華ゲスト陣。大会に対する期待、さまざまな立場からのラグビーへの思い、ラグビーファンや一般の皆さんへの応援のお願いなどが、にぎやかに語られた。フォトセッションには、前日に発表された2019年日本大会公式マスコット『レンジ―』も登場。会場を盛り上げた。

 ゲストのトーク、呼びかけは下記の通り。

トークショーでは田中選手が前回大会へのプロセスを思い涙ぐむ場面も…

大畑大介さん(元ラグビー選手/RWC2019アンバサダー)
「今日は、アンバサダーの僕よりもチケット獲得に詳しい高橋(克典)さんがいて複雑です! 選手達は全力を尽くしてプレーしてくれると思います。どうかスタジアムへ足を運んで日本代表を、大会の成功を応援してください」

村田諒太さん(ボクシングWBA世界ミドル級王者)
「国を代表して戦う場の雰囲気は独特で、いいものがありますよね。僕自身、1万人の観衆の中での試合は経験がありますが、8万を超える観衆に囲まれた心境というのは、想像ができない。大会では、ベタですが開幕戦、決勝戦を生で観たい」

佐々木主浩さん(元プロ野球選手)
「私くらいの体格の選手達が全力でぶつかるんですよね…。私は宮城県出身なので、同じ東北の釜石での試合に興味があります。(新日鐵)釜石はかつてとても強かった。そんな土地にワールドカップの試合が来るのは、本当にうれしい」

小島瑠璃子さん(タレント/キャスター)
「ラグビーの素晴らしさは精神的な面が大きいと感じます。自分の体を張って味方を前に送り出す。その思いや努力に魅力を感じます。ラグビーは、生で見るともっと好きになる。ぜひ、周りにいる女性や、今は興味のない友達をスタジアムに連れていって、楽しんでほしい」

廣瀬俊朗さん(元日本代表/RWC2019アンバサダー) 
「まず、全力で頑張る選手のサポートをしたい。チームが辛い時、ファンの方の応援は確実に選手たちの力になります。ぜひ応援をお願いします。大会の成功を、これからの子どもたちにつないでいきたい」

大野均 選手(東芝ブレイブルーパス)
「日本の一ラグビーマンとして大会の成功に尽力したい。皆さん、ワールドカップを肌で感じてください」

田中史朗 選手(パナソニック ワイルドナイツ) 
「大会まであと1年半、自分がその場に立てるかは分かりません。もし立てれば、僕のラグビー選手人生はまた大きく変わる。ただどんな立場であれ、この大会を世界にアピールできるものにしたい。皆さんで一緒に頑張りましょう」

アマナキ・レレイ・マフィ選手(NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス) 
「(選手として)前回大会を超えたい。皆さんの応援の力をよろしくお願いします」

山沢拓也 選手(パナソニック ワイルドナイツ) 
「僕自身日本代表定着はまだできていません。大会までやれることを精一杯やって、ぜひ出場したい。試合にはたくさんの人に足を運んで、日本全体で盛り上げてほしいと願っています」

高橋克典さん(俳優/青山学院在学時、中高でラグビー部所属)
「中高とプレーをして、高校ではケガもあって途中で退部してしまった。それだけに思いが残る部分があり、今でもラグビーに対する憧れがあります。日本の、南ア戦(2015年大会)のスクラム選択のような、自分よりも大きな者に向かっていく選手たちの気概には、僕自身、思いを新たにさせられるものがありました。皆さんの、日本代表を応援する気持ちは絶対に選手たちに通じます。ぜひスタジアムでの応援をお願いします」

アニマル浜口さん(元プロレスラー)
「チケット予約は、気合だけではダメなんですね。でも、ガイドを見れば簡単だ! 日本代表の優勝を祈って、気合だ! 気合だ! 気合だ!…」

マフィ選手の体に触れ、そのボリュームと質に驚く小島瑠璃子さん
「(鶏の)ささみ みたいな弾力!」

srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2