セブンズ

夏のセブンズW杯を見据える男子日本代表候補 和歌山合宿参加メンバー発表


オリンピアンの合谷和弘。写真は2016年の香港セブンズから(Photo: Getty Images)

 ダミアン・カラウナ ヘッドコーチが率いる男子セブンズ日本代表は、ワールドラグビーセブンズシリーズのコアグループから脱落して今週末に開催されるシドニー大会には参戦できないが、今年7月にサンフランシスコ(アメリカ)で開催される第7回ラグビーワールドカップ・セブンズの出場権を獲得しており、そのビッグターゲットを見据え、1月24日から2月2日まで代表候補選手たちが和歌山県・上富田スポーツセンターに集まって合宿を実施する。

 セブンズ日本代表候補となる男子SDS(セブンズ・デベロップメント・スコッド)の和歌山合宿には、2016年のリオデジャネイロ・オリンピックで優勝候補のニュージーランドを破るなどしてベスト4入りの快挙を遂げた坂井克行、トゥキリ ロテ、合谷和弘などが招集された。


<男子SDS 和歌山合宿 参加メンバー>

飯山竜太(NEC)、大石力也(NEC)、大椙慎也(NTTドコモ)、小澤大(トヨタ自動車)、加藤誠央(九州電力)、加納遼大(明治安田生命)、ジョー・カマナ(マツダ)、合谷和弘(クボタ)、近藤英人(クボタ)、坂井克行(豊田自動織機)、四ノ宮マイケル(釜石シーウェイブス)、秦啓祐(NTTドコモ)、ジョセ・セル(北海道バーバリアンズ)、ダラス・タタナ(釜石シーウェイブス)、鶴ヶア好昭(パナソニック/日本ラグビー協会)、トゥキリ ロテ(クボタ)、ソシセニ・トコキオ(豊田自動織機)、中野将宏(九州共立大4年)、野口宜裕(専修大3年)、橋野皓介(キヤノン)、林大成(キヤノン)、ジェイデン・マックスウェル(白鷗大4年)、村田オスカロイド(釜石シーウェイブス)、本村直樹(ホンダ)、安井龍太(神戸製鋼)、山内俊輝(リコー)、吉澤太一(コカ・コーラ)、ジョセファ・リリダム(NTTドコモ)、ダニエル・リンディー(三菱重工相模原)

jsports_srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2