Nations

日本と引き分けたフランス代表のノヴェスHC解任! 新指揮官はブリュネル氏


フランス代表ヘッドコーチをクビになったギ・ノヴェス氏(Photo: Getty Images)

 フランスラグビー協会は12月27日、昨年1月から同国代表を率いてきたギ・ノヴェス ヘッドコーチを解任し、前イタリア代表ヘッドコーチのジャック・ブリュネル氏が新しい指揮官に就任すると発表した。

 トゥールーズを4回も欧州クラブチャンピオンに導き名将と呼ばれたノヴェス氏は、フランス代表再建を託された就任当初、4年契約と見られていたが、テストマッチ21試合を戦って7勝1分13敗(勝率35%)と結果を残せず、先月25日にはホームで世界ランキングが下の日本代表と23−23で引き分け、ミスが多かった戦いぶりはメディアやファンからも厳しく非難されていた。
 FWコーチとBKコーチも解任が決まった。

 新ヘッドコーチとなるブリュネル氏はフランス出身で、新年1月に64歳の誕生日を迎える。2015年ワールドカップでイタリア代表を指揮し、翌年のシックスネーションズ(欧州6か国対抗戦)を最後に退任したあとは、フランス最高峰リーグに属するボルドー・べグルで指導力を発揮していた。また、2001年から2007年にかけてフランス代表のFWコーチとして当時指揮官だったベルナール・ラポルト氏(現フランスラグビー協会会長)を支え、シックスネーションズで2度のグランドスラムを含む4回の優勝に貢献した。

 ブリュネル新体制となるフランス代表は、2月3日に開幕する2018シックスネーションズの第1節・アイルランド代表戦が初陣となる。
 そして、新ヘッドコーチは2019年ワールドカップでもフランス代表を率いる予定。

2

フランス代表の新ヘッドコーチに就任したジャック・ブリュネル氏(Photo: Getty Images)

srRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2