海外

サンウルブズ運営組織 秩父宮開催試合で使用のビジョン動画・静止画を公募


2018スーパーラグビーのサンウルブズ戦は秩父宮で6試合開催予定(Photo: Getty Images)

 スーパーラグビーのサンウルブズを運営するジャパンエスアールは12月21日、来年2月に開幕する2018シーズンの国内ホーム試合において、観戦マナー、試合開始前のカウントダウン、試合中のルール説明など、東京・秩父宮ラグビー場のビジョンで流れる試合観戦を盛り上げる5つの動画・静止画を、公募すると発表した。
 ファンと一緒に「青山ラグビーパーク化」の実現に向けて取り組んでいきたいという想いから企画された。応募作品はサンウルブズのジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチを含む審査陣による審査のあと、採用作品は2018シーズンの秩父宮ラグビー場で開催される試合で使用される。


<公募対象作品>
(1)観戦マナー動画または静止画 
(2)ラグビールール説明動画または静止画 
(3)キック時に静かになることを促す動画または静止画 
(4)試合開始前カウントダウン動画または静止画 
(5)トライ後の盛り上がりをつくる動画または静止画 
 ※ 動画の長さは(1)(2)︰60秒、(3)(4)(5)︰5秒 
 
<当選者特典>
東京・秩父宮ラグビー場で開催されるサンウルブズ国内ホーム全6試合に無料招待

<提出様式>
動画はmp4 /movデータ、静止画データはjpeg(1980px x 1080px)でご提出ください。
動画・静止画に使用される画像・動画・音楽の著作権等は製作者ご自身でご確認ください。
未採用の作品の著作権は、製作者ご自身に属します。

<審査方法>
ジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチを含む審査陣が審査したのち、採用者には2月上旬頃連絡(公式ホームページなどでも結果発表予定)。

<締め切り>
2018年1月15日(月) 17時59分 

<応募方法>
ジャパンエスアールまで、メール(register@super-japanrugby.com)にて、名前・電話番号・住所、製作作品、作品のなかで工夫した点、説明を添えてご送付ください。

<権利所属先>
一般社団法人ジャパンエスアール
※ デザイン採用者、ご自身が持つ媒体での発信を除く

<製作にあたっての注意事項>
以下に該当するものは審査の対象外となりますので、ご注意ください。 
※ 広く認知されているイメージと混同されるおそれのあるもの
※ 第三者の著作物や商標権などの権利を侵害するおそれのあるもの
※ すでに公表されているものと同一または類似なもの

<公募に関する問い合わせ先>
ジャパンエスアール 観戦ビジョン素材公募係 (register@super-japanrugby.com)まで

2

2017シーズンのルール解説の静止画

3

2017シーズンの観戦ルールの静止画

srrRMワールドカップ2019ラグリパcolumn2