海外

スーパーラグビー海外勢も来季へ動く レッズSOクーパーに突然の構想外通告

レッズで構想外となり、日本のチームへ移籍する可能性も出てきたクーパー
(Photo: Getty Images)


 2018年シーズンのスーパーラグビーへ向け、日本チームのサンウルブズはすでに契約を結んだ26人を12月4日に発表したが、海外勢も次々とスコッドを明らかにしている。

 12月5日時点で、海外チームに名を連ねている日本代表選手はメルボルン・レベルズのNO8アマナキ・レレィ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)のみ。マフィとともに2017シーズンにレベルズ入りしていたWTB/FB児玉健太郎(パナソニック)は、来季スコッドには入っていない。

 2017年大会は1勝しかできず屈辱の最下位に終わったレベルズ(オーストラリア)だが、大会再編に伴うチーム削減の難を逃れ、除外対象となったウェスタン・フォースから多くの選手とデイヴィッド・ヴェッセルズ ヘッドコーチを獲得した。PRベン・ダイリー、PRテテラ・フォークナー、LOアダム・コールマン、LOマット・フィリップ、FLリチャード・ハードウィック、FBデイン・ハイレットペティといったオーストラリア代表がパースからメルボルンに移り、フランスから帰国した世界屈指のSHであるウィル・ゲニア、宗像サニックスに所属する元イングランド代表のLOジェフ・パーリングもレベルズの新戦力となる。

 2015年から3季レッズ(オーストラリア)でプレーし、2016年大会では6番をつけて全15試合に先発するなど活躍したツイ ヘンドリック(サントリー)だが、11月29日に発表されたレッズの2018年スコッドに名前はなかった。
 強豪・チーフス(ニュージーランド)の8番として3季プレーした日本代表主将のリーチ マイケルは、2019年のワールドカップを見据え、日本代表強化とリンクするサンウルブズに新加入したが、代表40キャップを持つツイを含め、サントリーの選手は現時点では3季目を迎えるサンウルブズのスコッドには入っていない。

 そのレッズでいま話題となっているのが、オーストラリア代表70キャップ保持者のSOクウェイド・クーパーだ。チームが来季スコッドを発表した数日後、確かにフライハーフ(SO)として名前があるクーパーだが、新ヘッドコーチに就任したブラッド・ソーン(元ニュージーランド代表/昨季レッズのアシスタントコーチ)は本人に構想外通告をおこなったことを地元メディアに明かした。レッズで117試合に出場し、2011年のスーパーラグビー優勝に大きく貢献した創造性豊かなプレーメーカーだが、退団は濃厚と見られている。
 ニュージーランド出身のクーパーは昨年、リオ五輪出場を目指してセブンズに挑戦したが、オーストラリア国籍を持っていなかったため五輪を断念。古巣のレッズに戻った今年はスーパーラグビーでプレーするもハイパフォーマンスを見せることはできず、ザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)のオーストラリア代表スコッドには選出されなかった。
 クーパーはオーストラリアの他チームへ移籍する可能性は低いと見られており、日本か欧州のクラブからオファーを待つか、ラグビーリーグ(13人制)に転向するのではないかという声も出てきている。
 クーパーとハーフ団を組んだオーストラリア代表5キャップのSHニック・フリスビーも戦力外となった。
 レッズは、突然の構想外を伝えられた2人に対し、他チームからのオファーがあればリリースを認める方針。

 その他のオーストラリア勢では、ブランビーズには長期休養でリフレッシュしたFL/NO8デービッド・ポーコック(現 パナソニック)が戻って来る。白血病を克服したSO/CTBクリスチャン・リアリイファノは現在、アイルランドのアルスターに短期限定で加入して存在感を示しており、巻き返しを図るブランビーズにとっては大きな戦力となりそうだ。

 ワラターズは、レッズから放出されたオーストラリア代表82キャップのLOロブ・シモンズを獲得。ディーン・マムが引退し、巨漢LOウィル・スケルトンがイングランドのサラセンズに移籍したためセカンドローには大きな穴が空いており、28歳のシモンズは奮闘が期待される。イングランドのワスプスで1シーズン過ごしたユーティリティBKのカートリー・ビールが復帰したのも明るい材料で、10月末からリフレッシュ休暇をとっているFBイズラエル・フォラウも2月にはワラターズに戻る予定だ。

 ブランビーズで2季プレーしたアルゼンチン代表のSHトマ・クベリは、母国に戻って2018年はジャガーズでプレーする。サンウルブズと同じく参戦3年目のジャガーズは、オーストラリア代表FWコーチを3年間務めてきたマリオ・レデスマが新ヘッドコーチに就任した。

 ニュージーランド勢では、ブルーズはPRチャーリー・ファウムイナ、FLスティーヴン・ルアトゥア、CTBレネ・レンジャーといったオールブラックスが欧州クラブへ移籍したが、20歳でワールドラグビーの年間最優秀選手賞にノミネートされたWTB/CTBリーコ・イオアネなど多くの若手が経験を積んでおり注目。

 チーフスはリーチ マイケルを失ったが、バックローにはカナダ代表のハードワーカーである26歳のタイラー・アードロンが新加入した。2015年ワールドカップでカナダ代表の主将を務めたアードロンは今年、ウェールズのオスプリーズからベイ・オブ・プレンティに移籍し、ニュージーランド国内大会を経験している。

 2017年大会チャンピオンのクルセイダーズには、かつてパナソニックでプレーした35歳のSOマイク・デラーニが加わる。再契約した30歳のCTBティム・ベイトマン(元コカ・コーラ)とともに、豊かな経験を持つベテランがバックスを充実させる。

 ハイランダーズは、指揮官だったトニー・ブラウンがサンウルブズのコーチングスタッフに加わり、アーロン・メイジャー ヘッドコーチが率いる新体制となる。ニュージーランド代表のCTBマラカイ・フェキトアがトゥーロン(フランス)へ移籍したのは戦力ダウンだが、ビッグネームの補強はしていない。

 ハリケーンズは、SOオーテレ・ブラックがブルーズへ移籍したが、替わりに同チームからSOイハイア・ウェストを獲得している。どちらも元U20ニュージーランド代表であり、新天地で大きな花を咲かせたいところだ。

 南アフリカ勢は、チーターズとキングズがスーパーラグビーから除外されたため、参戦するのは4チームとなった。

 2年連続準優勝のライオンズは、2014年から3年連続で南アの年間最優秀コーチ賞に選ばれたヨハン・アッカルマンが息子のFL/LOルアンとともにグロスター(イングランド)へ移り、アシスタントコーチだったスワイス・デブラインが指揮を執る。南ア代表のSHファフ・デクラークはセール・シャークス(イングランド)へ行ってしまったが、中心メンバーのほとんどがチームに残った。

 かつてニュージーランド代表やアメリカ代表などで采配を振ったジョン・ミッチェルが新ヘッドコーチに就任したブルズには、アイルランドのコナートでプレーしていた元南ア代表SOマルニッツ・ボショフが加入し、セブンズ南ア代表として活躍中のパワフルなFLティム・アガバも新戦力となる。

 シャークスは、2017年大会で南ア勢最多の11トライを挙げた元キングズWTBのマカゾレ・マピンピを獲得。さらに、ストーマーズでプレーしていたSOロバート・デュプレアが、弟2人と父がいるシャークスに加わった。

 ストーマーズは、リオ五輪セブンズ銅メダリストのCTBジュアン・デヨンとFBチェスリン・コルビが欧州クラブへ去り、スコットランド代表のCTBヒュー・ジョーンズも母国に帰ってしまったが、チーターズからスピードスターのWTBセルジール・ピーターセンとWTBレイモンド・ルールをダブルで獲得している。

2

レベルズは2017年のチーム最優秀選手だったマフィをしっかりキープ(Photo: Getty Images)

3

チーフスに加入するタイラー・アードロン(Photo: Getty Images)

fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr