国内

ワセダ、大学選手権初戦の相手は東海大! 早明戦は29-19で紫紺が笑う。

大観衆の中で激しく体をぶつけあった早明戦。(撮影/松本かおり)


 2万2154人のファンで埋め尽くされた秩父宮ラグビー場。スタンドの小旗は紫紺がやや優勢だったか。
 12月3日におこなわれた関東大学対抗戦の早明戦。好天、大観衆という最高の条件の中でおこなわれた好ゲームは、互いに力を出し合った。ファイナルスコアは29-19。明大が勝った。

 試合はキックオフ直後、赤黒のジャージーがボールを大きく動かし続け、明大陣に攻め込んだ。しかし先制は明大。5分、CTB梶村祐介が17フェーズ重ねた相手攻撃をインターセプトで寸断。約75メートルを走り切った。SO堀米航平のコンバージョンも決まり、7-0とした。
 その5分後、早大もターンオーバーから攻め、相手の反則を誘う。PK→ラインアウト→モールからHO宮里侑樹がインゴールに飛び込んだ。SH齋藤直人がコンバージョンを決めて7-7の同点。スタンドは沸いた。
 しかし29分、ふたたび紫紺の個人技が輝きを放つ。キックを受けて攻めると、FL井上遼が力強く前進。ブレイクダウンを制すと、SH福田健太がサイドアタックで抜け、ラストパスを受けたNO8朝長駿がインゴールに飛び込んだ。SO堀米がコンバージョンを決め、14-7と明大がリードして前半は終わった。

 後半は、キックカウンターから10フェーズのアタックを重ねた早大がトライを奪う展開で始まるも(6分、FB桑山聖生/12-14と2点差に迫る)、中盤を紫紺が支配した。
 13分、明大はハーフウェイライン付近のラインアウトからBKでムーヴを仕掛け、CTB鶴田馨が防御ラインをブレイク。WTB山村知也がインゴール左スミに飛び込んで19-12とリードを広げた。
 そして後半22分だった。早大ゴールライン前のスクラムからNO8の位置に入っていた坂和樹がサイドを攻めた後、SH福田も続く。背番号9がインゴールに駆け込んだ(SO堀米のコンバージョンも決まり26-12)。16分過ぎのラインアウトから29フェイズを重ね、敵陣深くまで攻め入った後のとどめだった。

 その後、早大がスクラムから攻めた後半35分にSO岸岡智樹がゴール左スミに飛び込んで7点差に迫るも(ハイタックルもあってペナルティートライ)、明大は38分にSO堀米がPGを決め(29-19)、そのままフルタイムを向かえた。勝利を手にした丹羽政彦監督は、「大学選手権に向けて負けられない試合でした。積み重ねてきたことを出せた。大学選手権ではどこと対戦するかわかりませんが、できれば、昨年の大会で負けた京産大とやりたい」と話した。

 この早明戦と、同日おこなわれた慶大×青学大で今季の関東大学対抗戦は入替戦以外の全日程を終えた。順位も確定し、12月16日から3回戦(関東・関西の主要リーグチームが登場)が始まる大学選手権の組み合わせもすべて決まった(下表参照)。
 同対抗戦では、明大、慶大、早大が5勝2敗で並んだが、得失点差により、明大が2位扱いとなり、大学選手権は準々決勝からの登場となった。そして、慶大が3位、早大が4位。慶大は関西3位の立命館大と、早大は関東大学リーグ戦2位の東海大と対戦する。

kumiawase






fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr