セブンズ

セブンズ南ア代表は今季も強い! 15人制でも注目の2人がドバイで輝く


プレーヤー・オブ・ザ・ファイナルのクワッガ・スミス(Photo: Getty Images)

 昨季、圧倒的な強さで5冠を獲得し、ワールドラグビーセブンズシリーズのシーズンチャンピオンとなった男子7人制南アフリカ代表“ブリッツボッカ”が、連覇へ向けて好スタートを切った。
 2017−2018シーズンの第1ラウンド・ドバイ大会が12月1日、2日に開催され、南アはプールステージを全勝で突破したあと、サモア、フィジーを倒して決勝進出。そして、1年8か月ぶりにカップファイナルの舞台に立ったニュージーランドを24−12で下し、ドバイの夜空の下で歓喜した。

 15人制での評価を高めている南アのクワッガ・スミスとシアベロ・セナトラが久しぶりにセブンズサーキットに復帰。両選手はスプリングボックス“15人制南ア代表”を目指しており、今季ワールドセブンズシリーズへの参戦は、2月中旬にスーパーラグビーが開幕するまでの4大会のみになりそうだが、いきなりオープニングラウンドで存在感を示した。

 決勝は、開始早々にニュージーランドにイエローカードが出て、数的有利となった南アはクワッガ・スミスが中央をぶち破り、先制トライを演出。3分にはセナトラが快足を飛ばし、4分にはクワッガ・スミスがキックチャージして自らインゴールで押さえ、19−0とリードを広げた。
 後半、ニュージーランドが2トライを返して7点差に詰まったものの、南アはフルタイム直前、身長193センチ、体重105キロのティム・アガバがパワーでゴールに持っていき、勝負を決めた。

 男子のワールドセブンズシリーズは今季、10大会が予定されており、第2ラウンドは一週間後に南アのケープタウンでおこなわれる。

 なお、男子セブンズ日本代表は昨季後にコアチームから降格したため、フル参戦の権利を失い、ドバイ大会には参加しておらず、ケープタウン大会にも出場しない。

2

決勝でトライを決めたシアベロ・セナトラ(Photo: Getty Images)


<2017-18 ワールドセブンズシリーズ(男子)第1戦・ドバイ大会>

▽カップ準々決勝
・南アフリカ 26−10 サモア
・フィジー 35−24 スコットランド
・ニュージーランド 14−12 ケニア
・イングランド 26−19 オーストラリア

▽カップ準決勝
・南アフリカ 12−7 フィジー
・ニュージーランド 14−5 イングランド

▼カップ決勝(優勝決定戦)
・南アフリカ 24−12 ニュージーランド

▼ブロンズ決勝(3位決定戦)
・イングランド 28−21 フィジー

▽5位決定トーナメント準決勝
・サモア 27−22 スコットランド
・オーストラリア 19−12 ケニア

▼5位決定戦
・オーストラリア 22−17 サモア

▽チャレンジトロフィー準々決勝
・カナダ 10−5 アメリカ
・フランス 24−17 ウェールズ
・アルゼンチン 26−7 ウガンダ
・スペイン 31−0 ロシア

▽チャレンジトロフィー準決勝
・フランス 28−21 カナダ
・スペイン 14−12 アルゼンチン

▼チャレンジトロフィー決勝(9位決定戦)
・フランス 21−12 スペイン

▽13位決定トーナメント準決勝
・ウェールズ 31−21 アメリカ
・ウガンダ 17−12 ロシア

▼13位決定戦
・ウェールズ 26−7 ウガンダ

fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr