Nations

日本代表の「出て」の裏には、立川理道。フランス代表戦で好カバー連発。

怪我から復活し今秋のテストマッチはすべて先発で奮闘した立川理道
(撮影:長尾亜紀)


 初めて日本代表になった2012年から、国際舞台でも危険地帯へ先回り。好タックルでピンチを救うたび、概ねこんな意味合いの言葉でそのシーンを振り返ってきた。

「それは感覚というか…。チームの決まった動きというわけではないので」

 数年が経ち、2015年のワールドカップイングランド大会で歴史的3勝を挙げ、2016年秋にジェイミー・ジョセフ ヘッドコーチ体制が発足してからも、立川理道は危機管理能力を維持している。2017年秋のツアーを締めくくる、フランス代表戦でも然りだった。

 8−3と5点リードで迎えた前半25分ごろ、グラウンド中盤右のスペースを攻略された。日本代表防御網のなかでも大柄なFW第1列が並ぶところを、青い戦士が首尾よく破った。

 しかし、逆方向から駆け戻ってきた赤と白の背番号12が、そのランナーに追いつく。倒す。被害を最小限に食い止める。間もなく、味方WTBのレメキ ロマノ ラヴァが接点で球に絡む。フランス代表の反則を誘った。

 さらに立川は続く26分ごろ、自陣ゴール前でのピンチを救う。

 日本代表側から見て左端のスペースを駆け抜ける相手へ、それよりやや中央よりの位置にいたはずの立川が迫る。トライラインにボールが置かれるより少し早く、その下半身をタッチラインの外へ押し出した。ビデオ判定により、ノートライとなった。会場のナンテール・Uアリーナでは、ファンのブーイングが渦巻いた。

 本人の述懐はこうだ。

「(日本代表は)結構、(前に)出てディフェンスするところが多かったので、カバーできるところはカバーしたいと思っていました」
 
 今秋から、ジョン・プラムツリー新ディフェンスコーチが着任。鋭く前に出る防御網を唱えている。そのため立川の言う通り、「結構、(前に)出てディフェンスする」のがチームの命綱となっている。

 鋭く飛び出した選手の裏側を取られれば、別の場所にいる選手がカバーしなくてはなるまい。「危ない」と感じた先へ「感覚」で戻れる立川は、システムの行き届かぬ領域をカバーしうる。

 この日は、前にせり上がった防御網が相手を仕留めるシーンもあった。チームの副将でもある通称「ハル」は、この新システムの定着度合いを前向きに語る。

「プラムツリーが来て時間も経ちましたし、(戦術を)落とし込むなかで選手も自信を持って反応できている。抜かれても(前に)出ている分、ゲインラインは取られない(攻防の境界線を後退させない)ために思い切って出るというのが重要。この4週間で、自信をつけたと思います」

 所属先のクボタでは主将を務める。10月いっぱいまであった国内トップリーグの序盤戦で故障したが、11月4日のオーストラリア代表戦になんとか間に合わせた(神奈川・日産スタジアム/●30−63)。

 渡仏後の18日は、トゥールーズのスタッド・アーネスト・ワロンでのトンガ代表戦にフル出場。39−6で勝った。フランス代表戦では15−20で迎えた後半21分に「戦略的交代」で退いたが、状態は上向きだったようだ。

「個人的にも怪我から復帰してトンガ代表戦、フランス代表戦はコンディションもよかった」

 ややミスの多かったフランス代表に勝ち切れなかったため、「本当に小さい、細かいことを修正しないと」とも語る。反則を契機に8−13と逆転された前半終了間際、攻め込みながらスコアできなかったいくつかのシーンなどを振り返り、勝機を逃した悔しさも口にしている。

「プラン通りにできたところがスコアにつながった。そこでは、自分たちのやりたいラグビーができたのかなと思います。ただ勝ち切れなかったのは、(点を)取り切れるところで取り切れなかったこと、前半の最後にペナルティからスコアをされてしまったこと(が要因)。細かいミスをなくしていきたい」

 組織力に手ごたえを掴んだ防御についても、「個々のタックルは向上できる」。欧州6強の一角を苦しめ「ヨーロッパのチームに対していい試合ができたのは収穫」としながら、伸びしろのありかを語っている。

「また、トップリーグ、サンウルブズ(国際リーグのスーパーラグビーに日本から参戦。日本代表とリンク)、日本代表(6月にテストマッチを予定)に向けて、コンディションを維持しながらやっていきたいと思います」

 ツアー解散後も、国の主軸として研鑽を積む。
(文:向 風見也)

fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr