海外

バーバリアンズのNSW遠征スコッド 主将はクーパー、トップリーガーも選出


左からバーバリアンズのジョーンズHC、ナイヤラヴォロ、チェイカ豪代表HC(Photo: Getty Images)

 世界各国から選手を招待してチームを結成する伝統の名門ラグビークラブ「バーバリアンズ」が13日、今月下旬にオーストラリアのニューサウスウェールズ州へ遠征するスコッドを発表した。10月24日にリズモーでクラシック・ワラビーズと対戦し、28日にはシドニーで、来日を控えるオーストラリア代表と試合をおこなう。

 バーバリアンズを指揮するのは、1984年から1988年にかけてオーストラリア代表のヘッドコーチを務め、現在はラジオのブロードキャスターとして有名なアラン・ジョーンズ氏。キャプテンには、ザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)のオーストラリア代表スコッドから外された70テストキャップ保持者のSOクウェイド・クーパーが任命された。

 ほかには、オーストラリア代表への復帰や初招集を目指すWTBタンゲレ・ナイヤラヴォロ、LOサム・カーター、PRタニエラ・トゥポウ、FBトム・バンクスなどが選ばれ、スーパーラグビーから除外されたフォースからは主将も務めたFLマット・ホジソンなどが参加する。また、ニュージーランド代表を経験しているCTBジョージ・モアラやSHオーガスティン・プルー、サモア代表のFBティム・ナナイ=ウィリアムズ、そしてジャパンラグビートップリーグでプレーしている宗像サニックスブルースのFLジャック・ポトヒエッター(元南アフリカ代表)と豊田自動織機シャトルズのSOサム・グリーンも選出された。


<バーバリアンズ スコッド for NSWツアー2017>

【PR】
ペック・カウワン(オーストラリア/フォース)、タニエラ・トゥポウ(オーストラリア/レッズ)、テテラ・フォークナー(オーストラリア/レベルズ)、ウィルコ・ロウ(南アフリカ/ストーマーズ)

【HO】
アナル・ランギ(ニュージーランド/フォース)、アンドリュー・レディ(オーストラリア/レッズ)

【LO】
ルーク・ジョーンズ(オーストラリア/ボルドー)、マット・フィリップ(オーストラリア/フォース)、リチャード・アーノルド(オーストラリア/フォース)、サム・カーター(オーストラリア/ブランビーズ)

【FL】
ジャック・ポトヒエッター(南アフリカ/宗像サニックス)、ケイン・コテカ(オーストラリア/フォース)、マット・ホジソン(オーストラリア/フォース)、カイル・ブリンク(南アフリカ/ライオンズ)

【NO8】
イシ・ナイサラニ(フィジー/ブランビーズ)、サム・ワード(オーストラリア/ワーリンガー)

【SH】
オーガスティン・プルー(ニュージーランド/ブルーズ)、マイケル・ルル(ニュージーランド/フォース)、シオ・ストラング(オーストラリア/シドニーユニバーシティ)

【SO】
クウェイド・クーパー(オーストラリア/レッズ)、サム・グリーン(オーストラリア/豊田自動織機)

【CTB】
ジョージ・モアラ(ニュージーランド/ブルーズ)、ダンカン・パイアアウア(オーストラリア/レッズ)

【WTB】
チャンス・ペニ(オーストラリア/フォース)、エト・ナンブリ(オーストラリア/レッズ)、タンゲレ・ナイヤラヴォロ(オーストラリア/ワラターズ)、シアベロ・セナトラ(南アフリカ/ストーマーズ)

【FB】
ティム・ナナイ=ウィリアムズ(サモア/チーフス)、トム・バンクス(オーストラリア/ブランビーズ)

2

豪州代表復帰を目指し国内大会のNRCでプレーしているクウエィド・クーパー(Photo: Getty Images)

3

宗像サニックスのジャック・ポトヒエッター(左)と豊田自動織機のサム・グリーン

fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr