セブンズ

「アジア1番で世界に挑む」 セブンズ日本代表、ワールドカップ出場権獲得へ


小澤主将(右から4人目)を中心に、まずはアジア制覇を目指す男子セブンズ日本代表(撮影:見明亨徳)

 「ラグビーワールドカップ・セブンズ2018」(2018年7月、アメリカ・サンフランシスコ)のアジア代表(男女各2か国・地域)を決める最終戦の男子「アジアラグビーセブンズシリーズ2017 第3戦」と「アジアラグビー女子セブンズシリーズ2017 第2戦」が10月14日〜15日、スリランカで開催される。

 男子セブンズ日本代表は、第1戦の香港大会で優勝、第2戦の韓国大会は地元韓国に決勝で12−17とまさかの敗戦。獲得ポイント(P)は22Pで首位を確保している。

 9日、練習を公開した。当初は午後の予定だった全体トレーニングを朝に変更。選手たちは、約2時間、ダミアン・カラウナ ヘッドコーチ、ハレ・マキリ コーチの指揮のもと、基本スキルの確認、徹底に取り組んでいた。
 前傾姿勢からのタックル、ハイボールキャッチ、マイボールキックオフでのボール確保。さらにアタックではつなぐ→ラック→パスを受けた選手が左右反対側へのエリアなどでキックパスやハイパントをあげ確保するなどを繰り返していた。

2

前傾からのタックルを確認(撮影:見明亨徳)

3

アタックも基本スキル中心だった(撮影:見明亨徳)

 同日、発表された男子代表12人。当初、メンバーに入っていたセブンズの顔・坂井克行はチーム(豊田自動織機シャトルズ)事情で外れた。今シリーズ初選抜はモリキ・リード(東海大2年)。
 小澤大主将は「韓国戦は本当に悔しかった。香港大会の優勝で勝てると一人ひとりが安心していたのかもしれない。そこを韓国の気迫が突いた。現状は、メンバーはいる人間で戦わないといけない。この間、練習は基本の確認、習得をしてきた」と話す。

 現在の獲得22Pでほぼワールドカップ出場に王手だ。スリランカ大会で優勝ならば1位(34P)、2位(32P)となる。3位ならば30Pで、現在2位の韓国(20P)、3位香港(18P)の結果次第となる。
「『アジア1番』にならないといけない。1番でないと世界で戦えない。2020年東京五輪のためにも譲れない」と小澤主将は決意を語った。

4

アジア2位が目標の男子セブンズ韓国代表(撮影:見明亨徳)

 韓国大会優勝の韓国は「2位以内」でワールドカップ出場を目指す。韓国大会では、香港大会からメンバーを入れ替えた。セブンズ、15人制代表で経験豊富な選手をすべて韓国電力から、金玄樹(キム・ヒョンス/FL)や韓建圭(ハン・ゴンギュ/LO、NO8)、金昌a(キム・ジョンミン/FL)、 BKの金南郁(キム・ナンウク/CTB)、金洸民(キム・グァンミン/WTB)を追加した。
 これに香港大会の全6試合で総21トライ中9トライの鄭演植(チョン・ヨンシク、尚武=韓国軍体育部隊)、春の15人制・アジアラグビーチャンピオンシップで快速を見せた張容興(チャン・ヨンフン、尚武)=香港大会3トライ、4トライの李在馥(イ・ジェボック、尚武)がまじりあった。「ベテランと若手が融合した勝利」(金昌a)の日本撃破となった。韓国大会でも総33トライ中、鄭は日本戦2トライなど10トライ、張7トライと2人で半分を取り切った。李は2トライ14ゴールと期待に応えた。

 韓国は前ホンダヒートのSH梁永勲(ヤン・ヨンフン)がコーチに就任し、「韓国代表としての精神力、基本の徹底」をチームに植え付けた。また梁コーチが対戦相手の分析で的確な指示をおこなっていることも見逃せない。「優勝は自信につながった。ワールドカップに出る」(梁)。韓国も大会終了後、20日から15人制の年度王者を決める全国体育大会(国体)がある。韓国電力は覇権奪回を狙う。尚武はチーム練習を10月初めに来日し流経大でおこなった。韓国内でもセブンズへの選手派遣、コンディション維持が課題だ。

 スリランカ大会、日本はプールBで香港、マレーシア(6P)、フィリピン(6P)と同組。韓国は中国(現在4位、14P)、スリランカ(5位、10P)、中華台北(2P)と一緒だ。

5

サクラセブンズは完全優勝でワールドカップ出場権を狙う(撮影:見明亨徳)

 一方、女子日本代表(サクラセブンズ)は第1戦の韓国大会で優勝した(獲得12P)。沖縄県で直前合宿を実施。スリランカ大会ではプールCで香港(4位、7P)、スリランカ(5位、5P)、韓国(8位、1P)と対戦する。2位の中国(10P)はプールDでカザフスタン(3位、8P)、タイ(6位、4P)、シンガポール(7位、2P)と競う。

 男女日本代表はあす11日、スリランカへ出発する。
(取材:見明亨徳)

■男子セブンズ日本代表(ダミアン・カラウナ ヘッドコーチ) スリランカ遠征メンバー

小澤大(トヨタ自動車)、加納遼大(明治安田生命)、パトリック・ステイリン(日本IBM)、 ダラス・タタナ(釜石シーウェイブス)、鶴ヶア好昭(パナソニック/日本ラグビー協会)、トゥキリ ロテ(クボタ)、中野将宏(九州共立大学4年)、野口宜裕(専修大学3年)、橋野皓介(キヤノン)、ジェイデン・トア・マックスウェル(白鴎大学4年)、本村直樹(ホンダ)、モリキ・リード(東海大学2年)


■女子セブンズ日本代表(稲田仁 ヘッドコーチ) スリランカ遠征メンバー 

大黒田裕芽(ARUKAS)、桑井亜乃(ARUKAS)、小笹知美(北海道バーバリアンズディアナ)、清水麻有(日本体育大学2年)、田中笑伊(國學院大學栃木高校3年)、堤ほの花(日本体育大学2年)、中村知春(ARUKAS)、長田いろは(立正大学1年/ARUKAS)、バティヴァカロロ ライチェル海遥(立正大学2年/ARUKAS)、原わか花(石見智翠館高校3年)、平野優芽(カ・ラ・ダファクトリー Rugirl-7/東亜学園高校3年)、横尾千里(東京フェニックス)

fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr