Nations

グレイトライバルとの壮絶な戦い! 王者NZが1点差で南アを下し全勝優勝


NZのクロッティにタックルする南アのスコーサン(左)とヤンチース(Photo: Getty Images)

 2023年のワールドカップ招致に立候補している南アフリカもまた、誇り高きラグビーネーションである。王国と呼ばれるニュージーランドに負けず劣らず、楕円球に並々ならぬ情熱を燃やす。
 それぞれの代表、スプリングボックスとオールブラックスは、互いに認め合うライバル同士。戦いの歴史は1921年から始まっていくつもの名勝負が繰り広げられ、95度目の対戦も、最高峰のリアルテストマッチと呼ぶにふさわしい壮絶なぶつかり合いとなった。
 10月7日、南アフリカはケープタウンのニューランズスタジアムでおこなわれた「ザ・ラグビーチャンピオンシップ 2017」(南半球4か国対抗戦)の最終節は、すでに連覇を決めていたニュージーランド代表“オールブラックス”が25−24で南ア代表“スプリングボックス”を破り、2年連続で全勝優勝を遂げた。

 南アは敗れたとはいえ、2年後にワールドカップ3連覇を狙うニュージーランドに強烈なメッセージを与えた。3週間前に敵地で0−57と屈辱的な惨敗を喫したあと、怒りがおさまらない一部ファンの非難や暴言はスプリングボックスの妻やガールフレンドにもおよび、エベン・エツベス主将が苦言を呈する事態にまでなっていた。しかし、この日のプライドをかけた奮闘は負の連鎖を断ち切るには十分で、スタジアムで観戦した約4万8000人からは両チームに大きな拍手が送られた。

 試合は序盤、互いにPGで3点ずつ取りあう。
 前半15分、ニュージーランドがカウンターを仕掛け、WTBリーコ・イオアネが左サイドを疾走しゴールラインを越えたが、猛追した南アはグラウンディング寸前で落球させた。19分にも黒衣の男たちはゴールに迫ったが、スプリングボックスは耐える。21分、今度は南アが敵陣22メートルライン内に入ると、SHロス・クロニエにタックルしたニュージーランドのFBダミアン・マッケンジーがすぐに立ち上がってボールを奪い返し、こちらも譲らない。

 最初のトライシーンは31分だった。ニュージーランドがSOボーデン・バレットのキックチャージからチャンスとなり、インゴールに転がったボールをCTBライアン・クロッティが押さえ、TMO(テレビジョンマッチオフィシャル)でトライが確認された。

 前半の40分経過を報せるサイレンが鳴ったあと、両チームの激しい攻防は10分も続き、敵陣10メートルライン付近でペナルティを得た南アはショットを選択せずラインアウトからトライを取りに行ったが、ニュージーランドのPRケイン・へイムズがブレイクダウンでからんで相手の反則を引き出し、8−3で前半を終えた。

 偉大なライバルから3年ぶりの勝利を目指す南アは後半早々、ラインアウトからのサインプレーが決まって敵陣深くに入り、19フェイズを重ね、SHクロニエがフィニッシュ、コンバージョン成功で逆転した。

 しかし、58分(後半18分)にも敵陣22メートルライン内まで攻め込んだ南アだが、パスが合わず、ボールを手にしたニュージーランドのWTBイオアネが約80メートル走り切り、再逆転、15−10となった。

 それでも南アは、この日ターンオーバーを連発していたHOマルコム・マークスがまたもやブレイクダウンで奮闘し、流れを引き戻す。すると63分、南アは途中出場SOハンドレ・ポラードのオフロードからHOマークス、FLジャン=ルック・デュプレアとつながり、同点トライが生まれる。コンバージョンも決まり、ゲームをひっくり返してスプリングボックスファンは沸いた。

 だが、シーソーゲームはまだまだ止まらなかった。
 68分、ニュージーランドは自陣でキックレシーブしたデビュー2戦目のWTBデイヴィッド・ハヴィリが切り込むと、オフロードでもらったFBマッケンジーが鋭いサイドステップでタックラーをかわし、一気の加速で駆け抜け、再逆転。さらに75分、SOリマ・ソポアンガがドロップゴールを失敗したものの、南アのCTBダミアン・デアリエンディに危険なプレーがあったことがTMOで確認され、PGチャンスとなり、25−17と点差は広がった。

 デアリエンディにレッドカードが出て14人となった南アは、77分にラインアウトからモールで押し込み、キック成功で25−24と1点差にしたが、リスタート後、ハーフウェイ付近まで前進するも、最後はニュージーランドがブレイクダウンでターンオーバーし、激闘はノーサイドとなった。

 2年後のワールドカップで、この2チームは同じプールに入る。

ssjjjjjjjsdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

hhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】dd