W杯

ラグビーワールドカップ2019公式チケットサイト  OPEN !


2015年のイングランド大会は約247万枚のチケットセールスを記録(Photo: Getty Images)

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、大会開幕2年前となる9月20日、18時より「ラグビーワールドカップ2019日本大会公式チケットサイト」(tickets.rugbyworldcup.com)をオープンし、チケットIDの登録受付を開始すると発表した。ラグビーワールドカップ2019日本大会では、この大会公式チケットサイトを通じて、2018年初旬よりチケット販売がおこなわれる。チケットIDを登録することで、チケット発売時に公式チケットサイトから購入申込みが可能になる。登録した人には、メールマガジンにより最新のチケット情報が届く。
 
■全48試合を通して、約180万枚のチケットを用意。2018年初旬から販売開始!
 アジア初開催となる本大会では、全48試合を通して約180万枚のチケットを用意する見込みで、2018年初旬から順次販売開始となる。チケット価格を含む販売概要の詳細は、試合日程発表会がおこなわれる11月2日に発表される。

■ラグビーコミュニティ、開催都市住民、サポーターズクラブ会員には先行抽選販売を用意!
 ラグビーワールドカップ2019日本大会のチケット販売では、大会開催の実現、成功、機運醸成にご協力いただいている皆様に感謝の気持ちを込めて先行抽選販売を実施し、優先的にチケットを購入できる機会を設ける。
 アジアで初となるラグビーワールドカップ日本開催の大きな力となり、日本ラグビー界をこれまで支え続けている約15万人以上の「ラグビーコミュニティ」(注1)、試合運営や大会盛り上げの中心となっていただく「開催都市住民」(注2)、そして、ラグビーワールドカップ2019日本大会に深い関心を持っていただき、大会を楽しみにしていただいている「大会公式サポーターズクラブ会員」(注3)、これら3つのグループの皆様には、順次先行抽選販売の機会を設ける。先行抽選販売の詳細スケジュール、購入方法等を含むチケット情報の詳細は、11月2日に発表。なお、ラグビーワールドカップ2019日本大会公式クレジットカードであるマスターカードで支払う方には、抽選の当選確率が2倍となるプログラムも準備しているという。(注4) 

■充実のトラベルパッケージ、ホスピタリティパッケージ! 
 宿泊や交通とチケットがセットとなるトラベルパッケージ、試合前後の飲食など、さまざまなサービスとチケットがセットとなるホスピタリティパッケージを販売する。トラベルパッケージはSports Travel and Hospitality Group Ltd(STHグループ/www.rugbyworldcup.com/supportertours)が指定する公式旅行代理店を通して、ホスピタリティパッケージはSTH Japan K.K.(STHジャパン/http://www.rugbyworldcup.com/hospitality)を通して販売される。
※ 大会公式チケットサイト内では、トラベルパッケージ、ホスピタリティパッケージの取り扱いはない。

■まずは大会公式チケットサイトからチケットID登録を!
 先行抽選販売を含め、チケットの購入には、大会公式チケットサイト上で、チケットIDへの登録が必要。また、チケットIDに登録した人は、メールマガジンにより最新のチケット情報をいち早く受け取ることができる。 


<ラグビーワールドカップ2019日本大会 チケット販売スケジュール(予定)>

●2018年1月: トラベルパッケージ販売開始(※ 9月21日に公式発表される旅行会社各社が販売)
●2018年1月より順次: 先行抽選販売(ラグビーコミュニティ、開催都市住民、サポーターズクラブ会員)
●2018年2月: ホスピタリティパッケージ販売開始(※STHジャパンが販売)
●2018年9月より順次: 第一次一般販売(抽選) 
●2019年1月より順次: 第二次一般販売(先着順) 


【先行抽選販売対象者について】 
 先行抽選販売対象者に、グループ別に順次先行抽選販売を実施する予定。  発売日や対象試合など先行抽選販売を含むチケット情報の詳細は2017年11月2日に発表予定。 

(注1)「ラグビーコミュニティ」 
日本ラグビーフットボール協会(JRFU)登録チームの選手・スタッフ・コーチ・レフリー、スタッフ、JRFUメンバーズクラブ会員、サンウルブズ公式ファンクラブ会員等、日本国内のラグビーコミュニティの人を対象とした先行抽選販売を実施予定。ラグビーコミュニティ先行抽選販売対象者には、各ラグビーフットボール協会またはラグビーワールドカップ2019組織委員会から順次案内。 

(注2)「開催都市住民」
試合開催都市内に住む人:札幌市、岩手県、釜石市、埼玉県、熊谷市、東京都、神奈川県、横浜市、静岡県、愛知県、豊田市、大阪府、東大阪市、神戸市、福岡県、福岡市、熊本県、熊本市、大分県

(注3)「大会公式サポーターズクラブ」
大会公式メールマガジン「ラグビーワールドカップ2019日本大会公式サポーターズクラブ」および英語版大会公式メールマガジン「Front Row」購読者。 
大会公式サポーターズクラブおよびFront Rowへはこちらから登録できる。 
※設定言語によって公式サポーターズクラブかFront Rowいずれかの登録ページに接続される。
 
(注4)「マスターカード決済サービスについて」 
マスターカードはラグビーワールドカップのオフィシャルペイメントパートナー。チケット購入の支払い時にマスターカードを利用される方は、自動的に当選確率が2倍となる。大会前、また大会期間中、マスターカードを使うことによって、さまざまなサービスを受けることが可能となる。これらのプログラム詳細は、来月を目途に発表される予定。

【ラグビーワールドカップ2019公式チケットサイト OPEN!】

sssdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

hhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】dd