コンテンツ

支援をさらに。AIGジャパン、大畑大介氏をラグビーアンバサダーに任命。

AIGジャパンとともにラグビーを広める大畑大介氏(撮影/松本かおり)


 頼もしきパートナーだ。
 日本ラグビーフットボール協会のグラスルーツパートナーとして、草の根レベルでのラグビーの普及と発展に貢献するAIGジャパン・ホールディングス株式会社(以下、AIG ジャパン)。9月6日、同社は2019年9月から大畑大介氏(元日本代表/ワールドラグビー ラグビー殿堂選出)をAIGジャパンのラグビーアンバサダーに任命したことを発表した。

 AIGジャパンは全国各地での「AIG Tag Rugby Tour」の開催や小学校へのタグラグビーキットの贈呈など、継続的な支援活動をおこなって日本ラグビーを支えている。同活動を通じてラグビーの魅力を知った子どもたちも少なくない。
 また同社は、「ジャパンラグビーレフリー育成パートナー」としてレフリーコーチングシステムの構築や、育成プログラムの確立などについてサポートしているほか、神戸製鋼コベルコスティーラーズとパートナー契約を結んでいる。

 今回、大畑氏をラグビーアンバサダーに任命したのは、大きな国際大会の自国開催を控える日本で、同社がラグビーの普及、発展にさらに貢献していく決意のあらわれだ。
 ラグビー界の中にも外にも発信力のある大畑氏。イベントやWebサイト、SNSなど、様々なコミュニケーションの場でラグビーの魅力を伝える人としては最適だろう。
 さらに、国内外で活躍してきた現役時代の経験、視点は貴重だ。アンバサダーとしての初めての活動も、「成長期の子どもにおけるスポーツにまつわるリスク予防」をテーマとした出前授業となる予定。同社は事業戦略コンセプトである「ACTIVE CARE」のもと、スポーツにおけるケガ予防のための事前準備の大切さについて発信し続ける。

 AIGジャパンのロバート・ノディン代表取締役社長兼CEOは、「大畑さんはワールドラグビー殿堂入りを果たした、とてもすばらしい選手で、また人々を引き付ける魅力があり、ラグビーを代表するには最適な人材です。弊社のAIG Tag Rugby Tourにもスタート時から参加してくださり、様々な提言もいただきました。アンバサダーに就任いただくことで、さらに強力なタグを組んで日本のラグビーの普及と発展に貢献していきたいと思います」と述べている。





aasssdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

rrrhhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】