海外

昨季の頂上決戦再び! クレルモン対トゥーロン、激戦を制したのは…

©Getty Images

 8月末に開幕した世界最高峰のラグビープロリーグ、フランスの「TOP14」。9月第1週には第2節7試合がおこなわれた。
 昨季レギュラーシーズン首位でクラブ史上初のプレーオフ進出を果たしたラ・ロシェルは、同7位のスタッド・フランセとパリで激突。第1節でブリーヴに勝利し白星スタートを切ったラ・ロシェルに対し、スタッド・フランセはホームでリヨンに敗れていただけにラ・ロシェルの優勢が予想されたが、この日はスタッド・フランセが地元で意地を見せた。
 開始直後から強力スクラムを軸に気迫あふれる攻守で主導権を握ったスタッド・フランセは、12分にFWのたたみかけるようなパワープレーで先制トライを挙げる。さらに15分にLOフランカール、29分はNO8パリッセ、35分にはWTBエンソーがインゴールを陥れ、前半だけで30−7と大きくリードを奪った。
 後半はラ・ロシェルが先にPGで3点を返すなど流れをつかんだかに見えたが、スタッド・フランセは58分、中盤スクラムからのBK展開でWTBオコナーが右隅に飛び込み、ふたたび相手を突き放す。ラ・ロシェルも64分にFLアモッサがタックラーの間を抜け出しトライ、74分には相手のシンビンに乗じてスクラムでペナルティトライを挙げたが、反撃もここまで。スタッド・フランセが35−24で逃げ切り、今季初勝利を手にした。

 第2節最大の注目カードとなったのは、昨季のプレーオフ決勝と同じ顔合わせとなったクレルモン・オーヴェルニュ対トゥーロンの一戦だ。
 試合は互いに1本ずつPGを決めて迎えた17分、トゥーロンがゴール前のスクラムから右ブラインドサイドを崩し、好調のWTBアシュトンが今季3本目のトライをマークする。しかしその後は規律の乱れで33分、39分と2人がイエローカードを受け、試合の流れは一転。その間にクレルモンはSOロペスのPGとWTBラカのトライで8点を追加し、11−10と逆転してハーフタイムを迎えた。
 さらにクレルモンは51分、元フランス代表SOアラン・ピノーを父に持ち将来を嘱望される20歳の新鋭CTBダミアン・ピノーが才みなぎる走りでトライを挙げ、リードを広げる。64分に自陣からの鮮やかな連続攻撃でWTBラカが右隅に飛び込んだシーンはTMO判定で直前のノックオンによりノートライとなったが、67分にPGで5点差に詰め寄られた後の71分にSOロペスがPGを成功させ、リードを堅持。終盤のトゥーロンの反撃を1PGに抑え、21−16で熱戦を制した。


【番組情報】
「ラグビー フランスリーグ TOP14」
ラグビー世界最高峰のプロリーグ「TOP14」。上位チームの試合を中心に毎節2試合放送!
 
■放送スケジュール

第3節:
RCトゥーロンvsトゥールーズ 9/10(日)夜11:35〜 [WOWOWプライム] ※生中継
ラ・ロシェルvsクレルモン・オーヴェルニュ 9/10(日)深夜2:05〜 [WOWOWプライム]
※9/9(土)夜9:40〜 WOWOWメンバーズオンデマンドで先行ライブ配信

■詳しくは、WOWOWラグビーオフィシャルサイトをチェック!
■『WOWOWラグビー公式ツイッター』(@wowow_rugby)
WOWOWのラグビー公式アカウントです。WOWOWで放送するラグビーの放送スケジュール、最新ニュース等を中心につぶやいていきます。

sdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd