国内

狙い撃ちタックルも見事。大東大・河野良太主将は夏から「寄り」にこだわる。


8月16日の早稲田大との練習試合でタックルにいく大東文化大の河野良太(撮影:清水良枝)

 狙い撃ちだ。

 長野・菅平で合宿中だった8月16日、早大との練習試合に出場した大東大の河野良太主将が、しばし相手走者めがけて鋭くタックルを突き刺す。

 接点側から順に人数を揃え一列の防御網を作るなか、ランナーから見てタッチライン側の位置から河野は飛び出す。確実に仕留め、相手の攻撃を鈍らせる。

 早大には17−21と惜敗したなか、河野は自らのタックルをこう振り返る。

「面(防御網)で上がるというシステムはあるんですけど、相手がボールをもらうな、と感じたら、(単独で)狙って出るようにしています。僕が1人で飛び出たのを、かわされることもある。それでも僕のプレッシャーで相手のスピードは落ちていて、その両サイドに(大東大の)サポートが付いてくることもあって、そこまで突破はされない…と」

 愛知・春日丘高出身(現・中部大春日丘)。就任5季目となる青柳勝彦監督の現役時代と同じく、小柄でしぶといFLとして存在感を示す。チームが組織的防御の徹底を誓うなか、3年生HOの平田快笙に「主将がいいタックルをしてくれるので、周りが引っ張られています」と言われるようにクラブの象徴と化す。

「昨季は前に出てプレッシャーをかけても大きな相手に弾かれたりしていた。今年はタックル成功率を上げようと思って練習してきていて、その成果が試合に出つつあります。相手の目の前でいったんスピードダウンしてから、最後は、(懐へ)踏み込む。そうすればいいタックルができる」

 一昨季の大学選手権では16シーズンぶりに4強入りするなど、通算3度の日本一を成し遂げた1980〜90年代の栄華を再現するよう期待されている。

 昨季まで4シーズン主力を張ったSHの小山大輝(パナソニック)、SOの川向瑛前主将(クボタ)、WTBのホセア・サウマキ(キヤノン)が揃って卒業。もっともいまもNO8のアマト・ファカタヴァ、LOのタラウ・ファカタヴァという核弾頭、20歳以下日本代表の佐々木剛という黒子役など、FW陣には昨季のレギュラーが多く残る。

 ラストイヤーの夏は「アタックでもディフェンスでも寄りの速さを重要視しています」という河野が先頭に立ち、僅差勝負を制したい。

 加盟する関東大学リーグ戦1部の初戦は9月17日、埼玉・熊谷ラグビー場Bグラウンドでおこなわれる(対 関東学院大)。狙い撃ちのタックラーは、きょうもプレーのディテールに気を配る。
(文:向 風見也)

jjjjjjjsdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd