女子

【女子W杯】 サクラフィフティーンはイタリアに敗れ、11・12位決定戦へ


イタリアの選手にタックルされる女子日本代表のCTB長田いろは(撮影:出村謙知)

 アイルランドで開催されている第8回女子ラグビーワールドカップは、8月22日から順位決定戦が始まり、9位〜12位トーナメントに臨んだ女子日本代表(サクラフィフティーン)はベルファストのクイーンズ大学で女子イタリア代表と対戦し、0−22で敗れた。

 毎年の女子シックスネーションズ(欧州6か国対抗)で経験を重ねている世界ランキング10位のイタリアに対し、日本は前半、ボール支配率では上回ったがなかなか敵陣深くに入ることができず、32分にポスト正面でPGチャンスを得るも、FB清水麻有のキックは外れ、先制できなかった。

 互いにがまんの時間が続き、均衡が破れたのは前半39分。ゴールに迫ったイタリアがFWのピック&ゴーで先制した。
 5点リードで後半を迎えたイタリアはさらに46分(後半6分)、外への展開からWTBがタッチライン際を抜けて追加点を挙げる。

 日本は48分、SO山本実のインターセプトから敵陣22メートルライン内に入り、20フェイズ以上重ね、FL鈴木彩夏がピック&ゴーでゴールラインを越えたが、グラウンディングできず。直後の攻撃も、ブレイクダウンでターンオーバーされ、チャンスを逃した。
 その後も日本はゴール前に迫ったが、自分たちの反則で得点を奪えない。

 ピンチをしのいだイタリアは58分、自陣10メートルライン右のスクラムから大きく左へ回し、14番の外の突破から次々とつないでトライ。
 後半は押され気味だった日本は、トライを目指し、78分に敵陣に入ったものの、相手のプレッシャーでボールを失い、カウンターを許して4トライ目を決められ、勝負あり。

 キャプテンの齊藤聖奈は、「フィジカルの戦いでイタリアが自分たちより勝っていたと思う。このワールドカップでずっと、トライの近くまではいくが取り切れないというのが自分たちの課題。次の試合は必ず課題をクリアして日本に帰りたい」とコメントし、最終戦を見据えた。

 12か国・地域の女子代表チームが参加している世界最高峰の大会で、日本は11位・12位決定戦に臨むこととなり、スペイン×香港の敗者と26日に対戦する。

fffffaasssdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr