国内

パナソニックワイルドナイツ、仕上がり順調。若手主体のハイランダーズに快勝


突破しようとするパナソニックの森谷圭介。隣は新加入のサム・ワイクス(撮影:松本かおり)

 2季ぶりの王座を目指し、パナソニックワイルドナイツのチーム作りが着々と進んでいる。
 8月11日、「グローバルラグビーフェスタ2017 埼玉・熊谷」として熊谷陸上競技場で若手主体のハイランダーズと対戦。22−7と快勝した。

 入れ替え自由、29人のメンバーで臨んだ一戦。開始3分にSOスコット・イードに先制トライ(コンバージョン成功)を許したものの、これが相手にとって唯一の得点となった。11分、ゴール前ラインアウトからHO堀江翔太がトライを挙げて同点に追いつくと、27分にはWTB福岡堅樹の突破を起点に、LOサム・ワイクスがつなぎWTB山田章仁がトライし14−7と逆転。前半40分にはPRヴァル アサエリ愛がチーム3本目のトライを奪い、後半に1PGを追加し、22−7でニュージーランドの強豪から白星を挙げた。

 試合後の会見でロビー・ディーンズ監督は「強度を高く保てたことに満足している。若い選手も最初は戸惑ったが、落ちついてゲームをコントロールしてくれた」と振り返った。

 この日、存在をアピールしたのは、コカ・コーラから移籍したLOワイクス。サンウルブズでも見せたボールキャリーの強さをたびたび披露。この日のマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれた。
「コーラとの契約が終わって、サンウルブズでプレーしているときにチームから声をかけてもらった。スタイルはサンウルブズと大きく変わらないので、馴染むのに時間はかからなかったよ」とワイクス。
 ディーンズ監督は「彼はスマートな選手。ラインアウトでもリーダーを務めているし、ボールを持つとより強さが活きる。チームの層をさらに厚くしてくれる」と評価した。

 昨季はチーム作りが遅れ序盤で2敗。優勝争いには残れず。それでもディーンズ監督は以前、「多くの若手がトップリーグでデビューして経験を積めた」とチームの底上げを収獲に挙げていた。
 ハイランダーズ戦の後半、大半のメンバーが代わった中、2年目の森谷圭介は15番で最後まで出場。ルーキーの松田力也も12番でフル出場した。ディーンズ監督は「森谷は12番、15番。松田は10番、12番。山沢(拓也。後半からSOで出場)は10番、15番をこなせる。相手を見て選んでいける」。10番はベリック・バーンズという絶対的な存在がおり、BKの若手はさまざまなポジションで起用していきそうだ。

 今季からキャプテンを務めるFL布巻峻介も春に負ったケガが癒え、後半21分から出場。主将としての抱負を「すごい選手がたくさん揃っている。個性の強い選手たちを一つにできるかだと思う」と語った。

 世界の至宝、FLデービッド・ポーコックもオフを終えて来日。スタンドから試合を見守った。開幕に向け、戦力は着々と揃いつつある。
「最初から勝ちに行くのが大事。早くトーナメントの中でいい位置につけて、自分たちのラグビーをエンジョイしたい」(ディーンズ監督)
 会見の最後は指揮官の開幕ダッシュ宣言で締めくくられた。
(文:森本優子)

fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr