女子

17歳、津久井萌がリズム作る。サクラフィフティーン、フランス戦前日の表情。

童顔。152cm、53kgも、高速アタックの発信源。ちなみに現地は夜8時でこの明るさ。


 これまで見てきた中でいちばんだった。
 8月9日にアイルランドのダブリンで開幕する女子ラグビーワールドカップ。初日にフランスと対戦する日本代表(サクラフィフティーン)が8日の午後7時から1時間弱、前日練習をおこなった。冒頭の言葉は、キャプテンズランを見た有水剛志ヘッドコーチの言葉だ。
「ミスがなかった。そして、一人ひとりが連動していました。これまでに見たことのないほど」
 大舞台だ。緊張は仕方ない。だけど、それはきっと集中につながる。指揮官は、「持てる力を100パーセント出せば絶対にいい戦いができる」と期待する。
 チームは目指す形の95パーセントに仕上がった。試合時には完成形を見せてくれると手応えを感じたキックオフ1日前だった。

 キーマンは高速アタックの発信源となる津久井萌(つくい・もえ)だ。フランス戦では9番を背負ってピッチに立つ。
「早く、いいテンポでパスして、アタックで貢献したい」
 自分の役目は理解している。「緊張しています」と正直に話すが、「勝ちたい。不安は少しありますが、絶対にベスト8に入る」と覚悟を口にした。「全員が同じ気持ちで戦います」と話す。

 群馬・東農大二高の3年生で、まだ17歳。昨夏のピンクリボンカップ(菅平/15人制)で津久井のプレーを見た有水ヘッドコーチが、球さばきのはやさに惚れ込み、招集した。
 中学時代に群馬県スクール選抜に選ばれて全国ジュニア大会へ出場したことはあるものの、セブンズアカデミー等に選ばれたことはない。サクラフィフティーンで鍛えられ、世界に出た。
 兄・壯(そう)さんが高崎ラグビークラブに入ったのをきっかけに、5歳のときから同クラブで楕円球を追い始めた。小学3年時からSH。昨年、NZ留学中の兄を頼って自身も王国に渡り、クライストチャーチにあるバーンサイド高でプレーした経験もある。
 そこであらためて感じたことがある。小さな自分は、高速で動かないと何もさせてもらえなかった。
 やるべきことは決まった。

 有水ヘッドコーチが言う。
「(津久井は)鍵を握るひとり。体は小さいけれど、ラグビーがよく分かっています。平常心でいつも通りやってくれれば」
 男子日本代表SH田中史朗に憧れる17歳は、「低いプレーで勝負したい」と話し、続けた。
「ゲームをコントロールしたいと思っています。(チームが)バタバタするような状況もあると思うので、そういう時に自分がうまくコントロールしないといけない」
 あどけない顔できっぱりと言った。

 齊藤聖奈主将(HO)率いるチームは試合前日練習の前に選手ミーティングを開き、なぜ自分たちがベスト8入りをしたいのか、すべきなのか、それぞれに問う時間を作った。
 この舞台に立てなかった仲間のため。怪我で唇を噛んだ選手の気持ちを思い。いろんな意見が出た。その中で主将は、「日本代表として結果を残し、次の世代の強化へつながるようにしよう」と話した。
 実は前の日の夜、齊藤はなかなか寝られなかった。
「国歌斉唱。キックオフ。スクラム。それらのことが頭の中でぐるぐる回っちゃって」
 誰もがこれまでに感じたことのないプレッシャーを感じつつキックオフのときを待っている。しかしキャプテンズランで見られた充実に、指揮官は「わくわくしている」と話し、選手たちへ信頼を寄せた。
 フランス戦は日本時間の8月10日、午前3時45分に始まる(現地8月9日/午後7時45分)。現地の夏は日が暮れるのが遅く、まだ明るい。その中で、赤白ジャージーの全員が力を出し切ることが、歴史的勝利の最低条件となる。

▼女子W杯 サクラフィフティーン 選手名鑑(試合出場メンバー背番号入り)
 ※ 画像をクリックすると大きく表示されます。

15


ssjjjjjjjsdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

hhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】dd