Nations

ジュリアン・サヴェアがNZ代表落選 ベン・スミス副将は豪州戦後長期休養へ


ジュリアン・サヴェア(中央)。ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの最終戦後(Photo: Getty Images)

 ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとのテストシリーズを1勝1敗1分で終え、悔しさを味わった世界ランキング1位のニュージーランド代表“オールブラックス”は、8月19日から、連覇がかかる南半球4か国対抗戦(ザ・ラグビーチャンピオンシップ)に臨む。
 スコッドの34人は全員がテストマッチ経験者で、合計キャップ数は1,111。

 サプライズは、2015年のワールドカップで8トライを挙げ、オールブラックスの連覇に貢献したWTBジュリアン・サヴェアの落選。ハリケーンズのスターだが、スーパーラグビーの準決勝はベンチスタートになるなど状態がよくなく、スコットが発表された8月7日は苦い思いも残る27歳の誕生日となった。
 テストマッチ54試合で46トライを挙げ、「ザ・バス」の異名を持つサヴェアは、黒衣の11番を取り戻すために国内大会のマイター10カップで再起を目指す。

 スーパーラグビー決勝で活躍し、クルセイダーズの9年ぶりの優勝に貢献したFLマット・トッドも、残念ながらオールブラックスのバックロー復帰とはならなかった。

 プロップでは、50キャップのチャーリー・ファウムイナがフランス(トゥールーズ)へ去り、昨年ひざを再建したネポ・ラウララに扉が開いて2年ぶりの代表復帰となった。94キャップを持つオーウェン・フランクスがアキレス腱に不安を抱えているため、同じタイトヘッドPRのラウララが初めて代表の背番号3をつける可能性もある。左右両サイドでスクラムを組める22歳のPRアトゥ・モリは、見習いとしてホームでのトレーニングに参加する。

 2015年に脚光を浴びたネヘ・ミルナースカッダーは、昨年、今年と怪我が続き、肩を手術して復活するも、今季スーパーラグビー期間中に足を負傷したこともあって6月下旬から7月上旬にかけておこなわれたブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとのテストシリーズには出場できなかったが、ハリケーンズのFB/WTBとして臨んだスーパーラグビーのプレーオフで元気な姿を披露し、ワールドカップ決勝以来の代表復帰となった。

 副将でもある31歳のFBベン・スミスは、2年後のワールドカップへ向けて心身をリフレッシュさせるため、オーストラリア代表との開幕2連戦(ブレディスローカップ)が終わったあと、約4か月間の長期休養をとる予定。それにともない、交代選手としてユーティリティBKのダミアン・マッケンジーがスコッド入りすることも発表された。


<ザ・ラグビーチャンピオンシップ 2017 ニュージーランド代表 スコッド>

【HO】
コーディー・テイラー(クルセイダーズ)、デイン・コールズ(ハリケーンズ)、ネイサン・ハリス(チーフス)

【PR】
ワイアット・クロケット(クルセイダーズ)、ジョー・ムーディー(クルセイダーズ)、オーウェン・フランクス(クルセイダーズ)、ネポ・ラウララ(チーフス)、オファ・トゥウンガファシ(ブルーズ)

【LO】
サム・ホワイトロック(クルセイダーズ)、ルーク・ロマノ(クルセイダーズ)、スコット・バレット(クルセイダーズ)、ブロディー・レタリック(チーフス)

【FL/NO8】
ヴァエア・フィフィタ(ハリケーンズ)、アーディー・サヴェア(ハリケーンズ)、サム・ケイン(チーフス)、リーアム・スクワイア(ハイランダーズ)、ジェローム・カイノ(ブルーズ)、キアラン・リード(主将/クルセイダーズ)

【SH】
TJ・ペレナラ(ハリケーンズ)、タウェラ・カーバーロー(チーフス)、アーロン・スミス(ハイランダーズ)

【SO】
ボーデン・バレット(ハリケーンズ)、リマ・ソポアンガ(ハイランダーズ)

【CTB】
ンガニ・ラウマペ(ハリケーンズ)、ソニービル・ウィリアムズ(ブルーズ)、ライアン・クロッティ(クルセイダーズ)、アントン・レイナートブラウン(チーフス)

【WTB/FB】
ワイサケ・ナホロ(ハイランダーズ)、リーコ・イオアネ(ブルーズ)、ネヘ・ミルナースカッダー(ハリケーンズ)、イズラエル・ダグ(クルセイダーズ)、ベン・スミス(ハイランダーズ)、ジョーディー・バレット(ハリケーンズ)

【Utility BK】
ダミアン・マッケンジー(チーフス)

sdsワールドカップ2019青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd