海外

プレミアシップ決勝は延長突入100分の激闘 エクセターが悲願の初優勝!


先制トライを挙げたジャック・ノーウェルのもとに駆け寄るエクセターの仲間たち(Photo: Getty Images)

 創部から146年の時を経て、エクセター・チーフスがついにイングランドの頂点に立った。同国最高峰リーグ「プレミアシップ」の決勝が27日、トゥイッケナム・スタジアムでおこなわれ、エクセターは延長にもつれたワスプスとの激闘を23−20で制し、栄冠に輝いた。

 ビッグスターを数多く抱えるクラブではない。しかし、OBであるロブ・バクスター ヘッドコーチのもと着実に力をつけ、2010年にプレミアシップ初昇格。2014年にはアングロ=ウェルシュ・カップ制覇で初のメジャータイトルを獲得し、昨季は初めてヨーロピアン・チャンピオンズカップでベスト8入り、プレミアシップ決勝進出を果たしていた。
 そして今季のプレミアシップでは、1年前のファイナルで苦汁をなめさせられた欧州王者のサラセンズを準決勝で下し、決勝ではレギュラーシーズン1位通過のワスプス相手に土壇場で追いつき、100分におよんだ激闘を制してプレミアシップ初優勝を遂げた。

 7万9657人の観客の前で繰り広げられた熱闘。
 先制したのはエクセターだった。前半13分、ラインアウトからのサインプレーが決まり、チームから唯一ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズに選出されているWTBジャック・ノーウェルが抜け、トライを挙げた。
 27分にはスクラムからの攻撃で得点し、リードを広げる。

 一方、キーマンのひとりであるユーティリティBKカートリー・ビールを怪我で欠いたワスプスは、しばらく劣勢だったが、17分にPGで3点を入れると、前半終了前にようやく相手の堅守に穴をあけ、CTBジミー・ゴパースがトライ。4点差に詰めて折り返した。

 後半早々、ワスプスはルーズボールを確保したNO8ネイサン・ヒューズのパワフルラン後、右へ回し、駆け上がったWTBクリスチャン・ウェイドが無人のスペースにキック、バウンドボールはワスプスに味方してCTBエリオット・デイリーの手に入って逆転トライが生まれた。

 その後、互いにゴールキックで得点を重ね、17−20とワスプスが3点リードして終盤の戦いに突入する。

 後半27分、エクセターは34フェイズを重ねてゴールに迫ったが、ワスプスが耐えた。ワスプスはその後も相手にプレッシャーをかけ続け、9季ぶり7回目の優勝へカウントダウンが近づいていた。
 規律よく守っていたワスプス。しかし、残り時間2分を切ってから、ラックで反則をとられ、エクセターは33歳のSOガレス・スティーンソンが落ち着いてPGを決め、土壇場で同点に追いついた。

 延長の前半10分間は互いにノースコア。

 そして後半14分、エクセターは26フェイズを重ねFWがゴールラインを越え、TMO(テレビジョンマッチオフィシャル)でグラウンディングは認められなかったが、ゴール前5メートルでスクラムのチャンスとなる。組み直しを重ね、エクセターがペナルティを獲得。17分、大事なショットをスティーンソンが決めて勝ち越すと、リスタート後、エクセターはボールをキープしてリードを守り切り、歓喜の瞬間を迎えた。

2

100分におよんだ激闘。エクセターもワスプスも力を出し切った(Photo: Getty Images)

3

プレミアシップ初優勝を遂げたエクセター・チーフス(Photo: Getty Images)

【関連記事】

jjjjjjjsdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd