Nations

『2017アジアチャンピオンシップ』開幕へ 日韓両チームが前日練習


日本代表の流主将(中央)「うまくいかない時に声をかける」(撮影:見明亨徳)

 4月21日、明日の「2017 アジアラグビーチャンピオンシップ」開幕戦となる「日本×韓国」を控えた両チームが会場の仁川南洞アジアドラグビー場で練習をおこなった。

 ホームの韓国代表は昼12時から1時間、全体練習を中心にアタック、ディフェンスで軽めの調整だった。
 2年目のジョン・ウォルターズ監督とディオン・ミュア コーチは会場の上から練習を見守り、グラウンドでは朴誠球コーチ(パク・ソング。元ヤマハ、クボタ)が仕切っていた。
 ウォルターズ監督は「日本のことはあまりわからないが、ハイレベルなチームだ。韓国選手たちは良い戦いを見せてくれるだろう」と話した。就任2年で「韓国ラグビーは少しずつ成長している」と認識している。朴コーチは「去年の秋から2019年のワールドカップに向けて若い選手を起用するようになった。2017年は大切な年になるでしょう」と言う。

 主将のFL金昌a(キム・ジョンミン)は「昔の韓国が見せた魂を込めたタックルをする」と宣言。かつてジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチと同じ福岡サニックスでプレーしたミュア コーチは「サニックスでプレーした選手がお互いに指導者で戦えることは嬉しい。ジェイミーとは試合後、美味しい韓国焼酎を飲みたいな」と話してくれた。

2

韓国代表のミュア コーチ(左)とウォルターズ監督(撮影:見明亨徳)

3

韓国代表のFL金主将「魂のタックルを見せる」(撮影:見明亨徳)

 日本代表は午後3時から30分間ほど全体練習、15分間個別練習で終えた。
 全体練習ではNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)キャンプでも見せた激しいアタックを繰り返した。また個別ではキッカー(SO小倉順平、CTB山中亮平、SO/CTB/FB松田力也)らがゴールキックを蹴り確認していた。
 自身、代表初キャップとなるSH流大主将は「準備は終わった。後はやるだけです。初キャップの選手が多いのでうまくいかない時に声をかけていきたい。(大量得点差になっても)気持ちが緩むことはないでしょう」と引き締めている。
 ヤマハからは今回3選手がメンバー入りした。唯一、代表経験(2キャップ)を持つHO日野剛志は「これまで努力してきた同期3人(日野、LO大戸裕矢、WTB伊東力)が、一緒に代表の試合で出場できる機会、嬉しいです」とほおを緩めた。
 ジョセフ ヘッドコーチは「明日の選手たちはサンウルブズで出場機会が少なかった選手、トップリーグでよいパフォーマンスを見せていた選手。力を証明して欲しい。(韓国代表ミュア コーチには)負けた方が焼酎をおごりましょう」で締めくくった。
(文:見明亨徳)

4

日本代表のジェセフHCは「選手のよいパフォーマンスが見たい」(撮影:見明亨徳)

tit
ワールドカップ2019青南商事インタビューラグリパcolumn2

rugbycoachweeklyRMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】