海外

後藤輝也と三村勇飛丸がサンウルブズデビューへ! クルセイダーズに挑む


後藤輝也(左)と三村勇飛丸(Photo: Getty Images)

 ブルズ戦勝利の勢いをニュージーランド遠征でも続けたい。日本のサンウルブズが次に挑むのは、スーパーラグビーで最多7回の優勝を誇るクルセイダーズだ。4月14日、敵地クライストチャーチ(AMIスタジアム)で初対戦となる。

 50人を超えるスコッドを抱え、多くの選手たちにチャンスを与えてきたフィロ・ティアティア ヘッドコーチだが、クルセイダーズ戦ではWTB後藤輝也(NEC)とFL/NO8三村勇飛丸(ヤマハ発動機)がデビューとなる。後藤は、休養のため今回の遠征は不参加となった福岡堅樹に替わって11番を任され、三村はリザーブに名を連ねた。

 後藤は「ニュージーランドの遠征メンバーに決まった段階で、試合に出るチャンスは何回かあるのではないかと、自分でも思っていました。最初の試合からメンバーに選んでもらい、とても嬉しいです。トライをとるという役目があるので、ボールを持ってアタックするところを頑張っていきたいです」とコメント。
 開幕前に怪我をして出遅れ、ようやくチャンスがめぐってきた三村は、「タックルして起き上がる、その連続が、求められているプレーのひとつだと思うので、自分に与えられた役割を全うしたいと思います。クルセイダーズは、個人的にスーパーラグビーの中でも非常に好きなチームなので、そのチームとの対戦でデビューできる機会を与えられたことも、とても嬉しく思っています」と今の気持ちを語った。

 ブルズ戦で途中出場からチームにエナジーをもたらし勝利に貢献したPR稲垣啓太、HO木津武士、LOサム・ワイクス、FL布巻峻介、SO田村優は今回は先発となり、負傷で先週は欠場していたFLエドワード・カーク主将もスターターで戦列に復帰する。
 また、LO真壁伸弥はベンチ入りし、今季初出場に備える。

「金曜日のクルセイダーズ戦に照準を合わせ、高いモチベーションで練習に臨むことができています」とティアティア ヘッドコーチ。
 カーク主将は「本当にいい準備ができていると思います。クルセイダーズはご存知の通り多数のオールブラックスを擁し、数々のタイトルを獲得してきた世界最強のチームです。今週末の試合は我々にとって素晴らしい経験になるでしょう」と語り、LOリアキ・モリ、CTBデレック・カーペンター、CTBティモシー・ラファエレ、CTBウィリアム・トゥポウ、ユーティリティBKジェイミー・ジェリー・タウランギといったニュージーランド出身選手たちの奮闘も期待している。


<サンウルブズ (第8節・クルセイダーズ戦) 試合登録メンバー>

1.稲垣啓太  2.木津武士  3.浅原拓真  4.リアキ・モリ  5.サム・ワイクス  6.エドワード・カーク(主将)  7.布巻峻介  8.ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ  9.田中史朗  10.田村優  11.後藤輝也  12.デレック・カーペンター  13.ティモシー・ラファエレ  14.中鶴隆彰  15.松島幸太朗

〔リザーブ〕
16.庭井祐輔  17.山本幸輝  18.伊藤平一郎  19.真壁伸弥  20.三村勇飛丸  21.矢富勇毅  22.ウィリアム・トゥポウ  23.ジェイミー・ジェリー・タウランギ

tit
PC記事ワールドカップ2019青南商事インタビューラグリパパシフィックアイランダーcolumn2

RMmotomochronicle1webchronicle2webRM2clinic47chronicle1webdd