女子

全国高校選抜女子セブンズ 國學院栃木が激闘の連続で初優勝!


カップ決勝。追手門学院のディフェンスを突破する國學院栃木(撮影:井田新輔)

 全国高校選抜ラグビー大会の合間となる5日、第6回全国高校選抜女子セブンズ大会が熊谷ラグビー場で開催された。
 大会はまず12チームが4つのグループに分かれてプールマッチを戦い、その順位によってカップ、プレート、ボウルの決勝トーナメントを実施。各プールの1位が激突したカップトーナメントでは、國學院栃木が決勝で追手門学院を14−12で破り、初優勝を飾った。

 女子ラグビー全体の底上げを示すように、プールマッチから激しい熱戦が続いた今大会。結果的に國學院栃木、追手門学院、石見智翠館、福岡レディースという強豪が首位で勝ち上がったものの、名古屋レディースが國學院栃木に12−15、アナン学園が福岡に17−21と肉薄するなど、多くの見どころがあった。
 カップトーナメント準決勝では、追手門学院が福岡レディースにゴールキックの差で14−10と競り勝ち決勝に進出。もう一方では、國學院栃木が試合終了間際のトライ(ゴール)で同点に追いついた末、抽選でファイナルへの出場権を手にする。
 決勝も死闘となり、前半は防御裏へのキックを巧みに使った追手門学院が12−0とリードするが、國學院栃木も後半早々に小西想羅がキックチャージしたボールをみずから拾ってトライ。5点差に詰め寄ると、またしても終了直前に驚異的な精神力を発揮し、自陣からボールをつなぎ切って最後は秋山歩花がポスト下へ。逆転のゴールも決めて、歓喜の瞬間を迎えた。
(文:直江光信)

2

Rugirl-7はアナン学園を下してプレート制覇(撮影:井田新輔)

3

愛媛県立三島高校(黒)×北海道・関東選抜のボウル決勝(撮影:井田新輔)

【第6回全国高校選抜女子セブンズ大会 結果】

≪予選リーグ≫
▼プールA
・追手門学院高校(大阪) 52−0 北海道・関東選抜
・長崎レディース 10−5 北海道・関東選抜
・追手門学院高校 14−0 長崎レディース

▼プールB
・福岡レディース 43−0 北信越選抜
・アナン学園高校(大阪) 33−0 北信越選抜
・福岡レディース 21−17 アナン学園高校

▼プールC
・石見智翠館高校(島根) 54−0 東北選抜
・Rugirl-7 47−0 東北選抜
・石見智翠館高校 19−0  Rugirl-7

▼プールD
・國學院栃木高校 46−0 愛媛県立三島高校
・名古屋レディース 20−5 愛媛県立三島高校
・國學院栃木高校 15−12 名古屋レディース


≪決勝トーナメント≫
▼カップ準決勝(プール1位チームが参加)
・追手門学院高校 14−10 福岡レディース
・國學院栃木高校 26−26 石見智翠館高校 ※ 抽選で國學院栃木が決勝進出

▼カップ3位決定戦
・石見智翠館高校 31−5 福岡レディース

▼カップ決勝
・國學院栃木高校 14−12 追手門学院高校

◇カップMVP:田中笑伊(國學院栃木高校)


▼プレート準決勝(プール2位チームが参加)
・アナン学園高校 36−5 長崎レディース
・Rugirl-7 38−0 名古屋レディース

▼プレート3位決定戦
・名古屋レディース 38−0 長崎レディース

▼プレート決勝
・Rugirl-7 21−14 アナン学園高校

◇プレートMVP:桜井茄美希(Rugirl-7)


▼ボウル準決勝(プール3位チームが参加)
・北海道・関東選抜 12−5 北信越選抜
・愛媛県立三島高校 34−0 東北選抜

▼ボウル3位決定戦
・北信越選抜 36−0 東北選抜

▼ボウル決勝
・愛媛県立三島高校 31−14 北海道・関東選抜

◇ボウルMVP:石川黎(愛媛県立三島高校)

sdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd