Nations

ジュニア・ジャパンがトンガAとの激闘制し、パシフィック・チャレンジ2位!


力強くボールを運ぶジュニア・ジャパンのLO今村陽良(Photo: Kitione Rokomanu / Zooomfiji)

 大学生だけでチーム編成したジュニア・ジャパンが、パシフィック・アイランド諸国の次期代表候補相手に勇ましく戦い、大きな自信をつけた。

 フィジーのスバで開催されてきた「ワールドラグビー パシフィック・チャレンジ 2017」は、18日に最終節を迎え、ジュニア・ジャパンはトンガAを42−33で下して2勝目を挙げ、チーム史上最高の2位で大会を終えた。

 ジュニア・ジャパンは2013年から今大会(当時:パシフィック・ラグビーカップ)に参加しているが、当初は3年連続で全敗と苦汁をなめさせられ、前回大会でようやく初勝利(1勝)を挙げたばかりだった。しかし今年は開幕戦でサモアAに競り勝つと、第2戦ではフィジー・ウォリアーズ(最終節にサモアAを48−25で下し、3戦全勝で連覇達成)に敗れたものの健闘し、最後はトンガAを倒して、2勝1敗(総勝点10)という成績を収めた。

 最終戦、序盤は完全に相手のペースだった。キックオフボールを確保したトンガAは確実にゲインしてつなぎ、59秒でノーホイッスルトライを挙げた。パワフルなトンガチームはパスワークも巧みで、8分にもトライを奪う。

 しかし、12点を追う展開となったジュニア・ジャパンだが、前半16分に流れを変える。ゴールに迫り、NO8ファウルア・マキシ(天理大)がインゴールに突っ込んでこの日チーム初得点。22分にはラインアウトからモールで押し込み主将のHO堀越康介(帝京大)がトライを挙げると、SH齋藤直人(早稲田大)のコンバージョンも決まり、14−12と逆転した。さらに26分、ゴール前のラインアウトからモールで前進し、再びNO8マキシがトライゲッターとなってリードを広げた。

 その後、トンガにオフロードでつながれ2点差とされたが、ジュニア・ジャパンは37分、FB野口竜司(東海大)の好走とFWの連続突進でゴールに迫り、CTB中野将伍(早稲田大)が走り込んできてゴールラインを割った。

 28−19で前半を終える。

 突き放したいジュニア・ジャパンは51分(後半11分)、敵陣22メートルライン内のスクラムから展開してBKが躍動、最後はハードランナーのCTB中野が2トライ目を挙げ、35−19とした。

 それでも、ジュニア・ジャパンの厳しいディフェンスプレッシャーに苦しんでいたトンガAだが、55分、65分と連続トライを挙げ、35−33と2点差に詰める。

 だがリスタート直後、ジュニア・ジャパンはキックレシーブからカウンターアタックのチャンスとなり、CTB中野が右タッチライン沿いを駆け上がってインサイドでサポートについていたNO8マキシにつなぎ、勝利を引き寄せるトライを獲得。
 そして、未来の日本ラグビーを担う若人たちは最後までアグレッシブに戦い抜き、歓喜のノーサイドを迎えたのだった。


■遠藤哲ヘッドコーチ コメント
 チャンピオンになるために来たので2位という結果は悔しいが、フィジー・ウォリアーズ戦での課題を活かしてチームが成長できたことが今日の勝利につながったと思う。高く掲げた目標に向かって日ごとに成長することで得たこの結果を、今後にもつなげていきたい。

■堀越康介キャプテン コメント
 80分間、全員がハードワークし、かつ楽しんでプレーできたことが今日の勝因。大会のチャンピオンになるために来たので(優勝できなかったことは)悔しいが、ジュニア・ジャパンとして初めて過去最高の2位という結果を残せたのは良かったと思う。

2

3戦全勝で連覇を遂げたフィジー・ウォリアーズ(Photo: Kitione Rokomanu / Zooomfiji)

sssdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

hhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】dd