国内

選抜出場かけた近畿大会開幕。京都成章、天理、東海大仰星つよっ!

親交の深い盟友対決は東海大仰星が御所実に勝利。(撮影/前島進)


 春の全国選抜大会への出場権(5校)をかけた第68回近畿大会が、3月12日に和歌山県の紀三井寺運動公園で開幕した。この日は1回戦の8試合が行われ、ベスト8進出チームが決定した。

 実力校がひしめく強豪ブロックらしく、初戦から好カードの連続となった今年の近畿大会。第1試合では、昨季の花園ベスト8メンバーが多数残る京都成章が常翔学園に対し序盤から主導権を握り、優勢にゲームを進める。SO押川敦治、CTB西川虎哲らの活躍で着実にトライを重ね、50-7で快勝を収めた。

 第2試合では天理と伏見工・京都工学院という伝統校同士が激突。機動力とまとまりで上回る天理が17-10とリードして折り返すと、後半も身上の高速連続攻撃からトライを追加し、34-17で準々決勝進出を決めた。

 第3試合の東海大仰星−御所実は、この日1番の好カードとの予想どおり、この時期の試合とは思えないほどレベルの高い引き締まったゲームになった。前半はお互いに持ち味を発揮し、14-14でハーフタイムへ。後半も激しい攻防が続いたが、風上に立った東海大仰星が勝負所でトライを重ね、31-14で御所を突き放した。

 このほか、大阪桐蔭は近大附和歌山に119-7、報徳学園は和歌山工に130-0、大阪朝高は和歌山合同(那賀・和歌山北)に94-0とそれぞれ大勝。関西学院は40-17で八幡工に、光泉は76-3で和歌山合同(新宮・新翔)に勝利して、ベスト8に進んだ。

 準々決勝4試合は3月19日(日)に同会場で行われる。
(文/直江光信)

2

盤石の防御とアイデアあふれる攻撃で常翔学園に快勝した京都成章。
(撮影/前島進)



aasssdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

rrrhhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】