女子

ワールド女子セブンズシリーズ豪州大会 北米勢躍進でカナダが優勝!


ワールドラグビー女子セブンズシリーズ2016−2017、シドニー大会の表彰式。写真中央が優勝したカナダ。左が2位のアメリカで、右が3位のニュージーランド(Photo: Michael Lee @ KRC Photos/World Rugby)

 ワールドラグビー女子セブンズシリーズの今季第2ラウンド、シドニーセブンズ(オーストラリア)は、大会2日目の2月4日に順位決定トーナメントがおこなわれ、リオオリンピックで3位だったカナダが栄冠を獲得した。
 女子セブンズシリーズでカナダがカップ優勝を果たしたのは、昨年5月のクレルモン=フェラン(フランス)大会以来、3回目。カナダはカップ準々決勝でロシアを26−5で下し、準決勝ではリオオリンピックで金メダルを獲得したホスト国のオーストラリアに12−7で勝利。そして北米勢対決となった決勝では、アメリカに21−17で競り勝った。

 2年ぶり3回目のカップ決勝進出となったアメリカは頂点には届かなかったものの、準決勝では強豪のニュージーランド(リオ五輪2位、今季第1戦・ドバイ大会優勝)を倒すなど、来年に自国(サンフランシスコ、サンノゼ)で開催されるラグビーワールドカップ・セブンズへ向けて大きな自信をつける大会となった。

 なお、日本(サクラセブンズ)はリオオリンピックの9位決定戦でブラジルに敗れたため、コアチームから降格してワールドセブンズシリーズへの常時出場権を逃しており、今回のシドニーセブンズには参加していない。

 次の第3ラウンドは3月3〜5日にラスベガス(アメリカ)でおこなわれ、第4ラウンドは4月22日、23日に福岡の北九州市で初開催される。


<シドニーセブンズ2017 最終日結果>

▽カップ準々決勝(1〜8位)
・ニュージーランド 24−5 フランス
・アメリカ 17−5 アイルランド
・オーストラリア 17−5 フィジー
・カナダ 26−5 ロシア

▽カップ準決勝
・アメリカ 19−12 ニュージーランド
・カナダ 12−7 オーストラリア

▼カップ決勝(優勝決定戦)
・カナダ 21−17 アメリカ

▼ブロンズ決勝(3位決定戦)
・ニュージーランド 19−0 オーストラリア

▽5位決定トーナメント準決勝
・フランス 21−19 アイルランド
・フィジー 33−19 ロシア

▼5位決定戦
・フィジー 31−12 フランス

▼7位決定戦
・ロシア 17−12 アイルランド

▽チャレンジトロフィー準決勝(9〜12位)
・イングランド 29−17 パプアニューギニア
・ブラジル 10−7 スペイン

▼チャレンジトロフィー決勝(9位決定戦)
・ブラジル 17−12 イングランド

▼11位決定戦
・スペイン 31−17 パプアニューギニア

sdsワールドカップ2019青南商事インタビューラグリパcolumn2

rrrrrrRMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】