セブンズ

日本戦で負傷のソニービル アキレス腱部分断裂で五輪から離脱

リオ五輪の日本戦で桑水流裕策にタックルするNZのソニービル・ウィリアムズ
(Photo: Getty Images)

 ニュージーランド・オリンピックチームは日本時間10日、リオ五輪・男子7人制ラグビーの日本戦で負傷したソニービル・ウィリアムズの離脱を発表した。アキレス腱の部分断裂で、プレー続行は不可能。替わりに、バックアップ選手だったシオネ・モリアが大会登録メンバーに入る。

 ソニービルの怪我について、ニュージーランドメディアの『TVNZ』は全治9か月と報じた。

 世界中のトップアスリートが集うオリンピックへの参加を熱望し、15人制のワールドカップで連覇を遂げたあとは7人制にフォーカスしてきたニュージーランドの英雄。今年のスーパーラグビーではプレーせずに、ワールドセブンズシリーズで経験を積み、激しいチーム内競争を勝ち抜いてオリンピアンとなった。大会前、海外メディアのインタビューで、「初めておこなわれるオリンピックセブンズの金メダルは、ワールドカップの功績を凌ぐかもしれない」と語っていたが、最初の試合となった日本戦の後半早々に負傷し、無念の離脱となった。

 優勝候補の一角と目されていたニュージーランドだが、日本に12−14で敗れ、同国が入っているプールCには強豪のイギリスとケニアもいるため、準々決勝に進めるかどうかもわからない状況となっている。

2

日本戦後、ストレッチャーで運ばれ、病院へ直行した(Photo: Getty Images)

sdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd