海外

トヨタのPR高橋洋丞とFB竹田宜純、チーターズ加入で南ア最高峰大会挑戦へ

高橋洋丞(左)と竹田宜純(撮影:BBM)


 トヨタ自動車ヴェルブリッツは23日、所属するPR高橋洋丞とFB竹田宜純が南アフリカのチーターズに期限付きで加入すると発表した。今年3月から6月までの予定で、南ア国内最高峰リーグのカリーカップに挑む。約3か月間の短期だが、カリーカップでアピールできれば、現在開催中のスーパーラグビー(レギュラーシーズンは7月中旬まで)でプレーするチャンスが与えられるかもしれない。

 カリーカップ出場だけでも、実現すれば歴史的な第一歩だ。同大会は1889年に始まり、ドメスティック(国内)ラグビー選手権としては世界最古のひとつといわれている。南アのオールドファンにとっては南半球&アジアを舞台とするスーパーラグビーと同じくらい、あるいはそれ以上に熱くなる伝統の大会といっても過言ではない。近年は14の地域代表が2部リーグに分かれ8月上旬から10月下旬にかけて開催されてきたが、今年からナミビア代表も加わって15チーム総当たり戦を実施することとなり、昨年から倍増の計166試合が組まれ、4月に開幕する。

 24歳のPR高橋とFB竹田が挑戦するのは4月9日から7月23日までのファーストステージのみになりそうだが、出場すれば日本人初のカリーカッププレーヤーとなる。2人はすでに本拠地のブルームフォンテーンに入り、チーターズのカリーカップスコッドと一緒にトレーニングをおこなっている。

 過去には、現日本代表のユーティリティBK松島幸太朗(サントリー/レベルズ)がシャークスのユースチームでプレーし、元日本代表WTB四宮洋平がボーランド・キャバリアーズに在籍したが、カリーカップには出場していない。

 ちなみに、今季カリーカップが本格化するのはセカンドステージ(8月〜10月)からで、チーターズを含む6つのスーパーラグビーユニオンはファーストステージの成績にかかわらず自動的にトップ9チームが集うプレミア・ディビジョンに進む。

 高橋は「チーターズに入団し、挑戦できるチャンスをいただけたことをとても嬉しく感謝しております。南アフリカの地で自身を見つめなおし、また一から鍛えなおすべく愚直に積極的に取組みを重ね、大きな成長を遂げてヴェルブリッツに再合流できるよう、頑張りたいと思います」とコメント。
 竹田は「最高峰リーグに所属するチーターズの一員として、海外リーグに挑戦する機会を与えていただきとても嬉しく思います。3か月間という限られた期間ではありますが、常にチャレンジの言葉を忘れず、多くのことを吸収し、ヴェルブリッツに帰ってきた際には、皆様に成長した姿を見せられるよう精一杯頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

 また、トヨタ自動車からはもう1人海外に派遣されることが決まり、25歳のCTB春山悠太がニュージーランドのアバロン(ウェリントン協会)に3月から5月の予定で短期留学する。


jjjjjjjsdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd