国内

「守」→「攻」にシフトの中大が法大制しリーグ戦先勝!

低い姿勢で前進を図る中大FL佐野瑛亮。(撮影/松本かおり)



 関東大学リーグ戦1部は9月13日に開幕し、昨季5位の中大は埼玉・熊谷ラグビー場で同3位の法大を26-13で下した。
 中大は酒井宏之ヘッドコーチ(HC)が就任した一昨季から、守備重視の強化方針を打ち出してきた。しかし今季は春先から、攻撃のシステムと技術、それを遂行するための持久力を養ってきた。この日も、陣地を問わず果敢に球を回した。

 序盤こそミスを重ねたが、14−13とリードしてハーフタイムを迎える。
 前半ロスタイム、敵陣ゴール前右の中大ボールスクラムで法大が反則を犯すや、NO8赤池海が速攻。そのままインゴールへ飛び込み、SO浜岸峻輝がコンバージョン成功させたのだ。酒井HCは「(緊張感の高い)開幕という点を踏まえると、ナイスゲーム。前半に14点を取って終われるのは今年の強さ」と手応えを語った。

 後半6分にSH住吉藍好が途中出場するや、中大の攻めのテンポはさらに上がる。対する法大は接点周辺で反則を重ね、徐々に自陣ゴール前へ押し込まれる。26分、中大は敵陣ゴール前右のスクラムから左、右と展開。最後はFL(途中からNO8)佐野瑛亮がインゴールを破り、19-13と点差を広げた。
 34分には、敵陣ゴール前でのモールを起点にSO浜岸がトライとゴールキックでだめを押す。勝った松田雄監督は「プラン通り。こういう展開(接戦)になることは皆がわかっていて、残り20分になっても自信を持っていた」と満足げに語った。9月20日には東京・上柚木運動公園陸上競技場で大東大(前年度4位)とぶつかる。

 一方、敗れた法大は「密集近辺で相手の強みを活かされてしまった。自分たちの強みの(組織的に前に出る)ディフェンスを信じ切れず、(攻防の起点となる接点で)いらないペナルティーを犯してしまった」とLO吉村公太朗主将。9月20日、同じく上柚木で昨季6位の山梨学大と対戦する。
(文・向風見也)



fffffffffaassワールドカップ2019ラグリパcolumn2

RMhhhh【クイズでスポーツがうまくなる】rrr