Nations

ロシア代表の新監督は元ウエールズ代表主将キングスレー・ジョーンズ

 ロシア・ラグビー協会は20日、ナショナルチームの新監督に元ウエールズ代表主将のキングスレー・ジョーンズが就任すると発表した。任期は4年で、2015年ラグビーワールドカップでも指揮を執る予定。ロシア代表は2011年に初めてワールドカップ出場を果たし、4戦全敗に終わったものの勇敢な戦いは楕円球プラネットに新たな風をもたらした。ロシア人のニコライ・ネルシュ前代表監督からバトンを引き継ぐ42歳のウエリッシュマンもまた、チーム・ディレクターとして2011年の大舞台を経験しており、チーム事情と課題は熟知している。2005−06年シーズンにはセール・シャークスをプレミアシップ(イングランド)王者に導いており、その手腕に対する期待は高い。。
 ロシアは2013年のセブンズ・ワールドカップ開催国であるが、7人制サイドの新しい代表監督にはネルシュ体制下でBKコーチを務めた元イングランド代表の37歳、ヘンリー・ポールが就任することも決まった。

 


jjjjjjjsdsワールドカップ2019ww青南商事インタビューラグリパcolumn2

RMmotomo【クイズでスポーツがうまくなる】dd