2014-2015 ヨーロピアンラグビー・チャレンジカップ

 欧州最高峰クラブ大会である「ヨーロピアンラグビー・チャンピオンズカップ」の下部大会。出場枠は20で、プレミアシップ、トップ14、プロ12から計18チームが参加する。残り2チームは、FIRA-AER(ヨーロッパラグビー協会)が主催する予選大会で決定する。この予選大会にはイタリア勢のほか、ルーマニアなどティア2国(中堅国)にも門戸を広げている。

challenge


<2014−2015 決勝>
グロスター(イングランド) 19−13 エディンバラ(スコットランド)

<2014−2015 準決勝>
・エディンバラ(スコットランド) 45−16 ニューポート・グウェント・ドラゴンズ(ウェールズ)
・グロスター(イングランド) 30−19 エクセター・チーフス(イングランド)

<2014−2015 準々決勝>
・グロスター(イングランド) 14−7 コナート(アイルランド)
・ニューポート・グウェント・ドラゴンズ(ウェールズ) 25−21 カーディフ・ブルーズ(ウェールズ)
・エクセター・チーフス(イングランド) 48−13 ニューカッスル・ファルコンズ(イングランド)
・エディンバラ(スコットランド) 23−18 ロンドン・アイリッシュ



<2014-2015 プール戦 全6節 終了時>

6EC

※ 各プールの1位と、2位で成績上位3チームがプレーオフ進出。
※ 順位決定は、勝点(ポイント)制を採用。全試合終了時点で、勝点の多い順に順位決定を行う。
※ 各試合の勝点は、勝ちで4点、引き分けで2点。
※ BPはボーナスポイント。4トライ以上挙げると1BP、7点差以内の敗戦でも1BPが加算される。
※ 同プールで勝点が並んだ場合、当該チーム間の対戦成績により順位決定。それでも優劣がつかない場合、勝数、得失点差、トライ数で順位を決める。

aasssdsワールドカップ2019wwラグリパcolumn2

rrrhhhhRM【クイズでスポーツがうまくなる】