Did you know?

今季トップリーグ49万人来場! シーズン総入場数歴代最多から約10万人増

東大阪市花園ラグビー場など、地方でも多くの観客が熱闘を楽しんだ(撮影:早浪章弘)

 ジャパンラグビートップリーグは1月24日のLIXIL CUPファイナル後、2015-2016年シーズンの総入場者数を発表し、歴代最多となる49万1715人(1開催平均 6470人)がスタジアム観戦したことが明らかになった。
 これまでの最高は昨シーズンの39万6421人だったが、日本代表の昨秋のワールドカップでの大活躍もあってラグビー人気が高まり、新たなファン獲得につながったと思われる。
 ちなみに、今季最も多くの観客を集めたのは、12月26日にリーグ戦7節2試合(キヤノン×ヤマハ発動機/サントリー×東芝)がおこなわれた東京・秩父宮ラグビー場の2万5164人で、こちらも歴代最多記録を更新している。

 日本ラグビーフットボール協会ならびにジャパンラグビートップリーグは、「2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ2019を成功に導くためにも、一人でも多くの方にご来場いただき、日本ラグビーを盛り上げるべく努めてまいりました。今シーズンも、多くのラグビーファンの皆様に試合会場にお越しいただき、歴代最多の総入場者数を記録できたことを感謝いたします。ジャパンラグビートップリーグでは、引き続き日本ラグビーの強化、普及に取り組むとともに、ラグビーを通じた社会貢献活動の推進にも力を注いでまいります」とコメントした。


<ジャパンラグビートップリーグ 歴代総入場者数>

■1位: 2015-2016(総入場者数491,715=平均6,470) 
 ※ 16チーム参加。プレシーズンリーグ38試合(パナソニックが2試合出場辞退)+リーグ戦56試合+LIXIL CUP12試合+順位決定トーナメント12試合

■2位: 2014-2015(総入場者数396,421=平均4,719)
 ※ 16チーム参加。リーグ戦112試合+WC6試合+PO3試合

■3位: 2008-2009(総入場者数384,954=平均5,202)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+PO3試合

■4位: 2013-2014(総入場者数365,491=平均4,300)
 ※ 16チーム参加。リーグ戦112試合+WC6試合+PO3試合

■5位: 2012-2013(総入場者数362,068=平均4,960)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+WC4試合+PO3試合

■6位: 2009-2010(総入場者数349,243=平均4,784)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+WC4試合+PO3試合

■7位: 2010-2011(総入場者数347,612=平均4,762)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+WC4試合+PO3試合

■8位: 2011-2012(総入場者数338,543=平均4,768)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+WC2試合+PO3試合

■9位: 2007-2008(総入場者数319,566=平均4,770)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+PO3試合

■10位: 2006-2007(総入場者数295,107=平均4,684)
 ※ 14チーム参加。リーグ戦91試合+PO3試合

■11位: 2004-2005(総入場者数209,140=平均4,546)
 ※ 12チーム参加。リーグ戦66試合

■12位: 2005-2006(総入場者数187,717=平均3,610)
 ※ 12チーム参加。リーグ戦66試合

◆ 2003-2004シーズンの総入場者数はカウント方法が異なるため除外。
PC記事ワールドカップ2019青南商事インタビューラグリパパシフィックアイランダーcolumn2

RMmotomochronicle1webchronicle2webRM2clinic47chronicle1webdd